2014年08月10日

【ばり研通信】たかが250m、されど250m…。

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」165号(2014年5月末発行)より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #61

* たかが250m、されど250m…。 *

 ノイエの事務所は、土呂駅から徒歩3分、距離で約250mの駅近くにあります。事務所までの道は歩道も整備されていますが、現状は、車いすの人や歩くのに不自由のある人には、意外と簡単な道ではありません。ただ、さいたま市の交通バリアフリー「推進基本構想」で「推進地区(土呂地区)」の「バリアフリー化経路」に指定されている(下図[Aルート]はその一部)ので、いずれ、歩道のセミフラット化や誘導ブロック設置などの整備が行われるのだと思いますが…。目
s140810z.jpg

s140810b.jpg(1):東武ストア前から駅方面を見てます
[Aルート]の歩道と、駅前広場はつながっていません。右側の東武ストアの敷地内?の通路は自転車置き場で狭く、メンバーが通るのは困難です。駅前広場からは白線にそって進むしかないのですが、駅前広場の切下げはこちら側にはありません…。

s140810a.jpg(2):東武ストア前から事務所方面を見ています
[Aルート]の歩道は、縁石高さ15cmの歩道面の高いタイプです。そのため、横断歩道や車路などの切下げ部のすりつけ勾配がきつく、車いすの人などでは、車道側への転倒や、きつい勾配を上れないということが起こりえます。あせあせ(飛び散る汗)

s140810c.jpg(3):事務所前から[Aルート]を見ています
2車線道路を渡る信号の無い横断歩道で、踏切が近く車が並んでいることが多いです。両方から来る車を確認して、並んでる車の隙間を素早く渡るのは難易度が高く、メンバーでは困難です。車(RV)

s140810d.jpg(4):[Bルート]から踏切を見ています
[Bルート]は線路沿いの歩道の無い道です。踏切の脇に出るので、写真のように踏切が閉まっている時は、2車線道路を渡ることができます。(3)の横断歩道を渡るのが難しいので、メンバーはこちらを渡っています。電車

s140810e.jpg(5):事務所前から西側の道路です
こちらは、整備時期が新しいので、セミフラットの歩道に誘導ブロックも整備済みです。この歩道を真っすぐいくと、「植竹小学校」のバス停があります。歩道だけの比較なら、土呂駅からよりもこちらの方が、車いすの人などは歩きやすいです。この道路も、上記の「バリアフリー化経路」に指定されています。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:03| Comment(0) | ばり研通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。