2014年10月18日

【色々とみて】車いすリフトと引手とスロープとマジックハンドなど


 http://kurade.269g.net/article/18521769.htmlで行った「国際福祉機器展2014」http://www.hcr.or.jp/で、気になったものを少しアップしてみます。車椅子

s141018a.jpg 中央エレベーター工業(株)さんの、車椅子式「ステップリフト」https://www.steplift.jp/wheelchair/です。実は、道路から玄関まで、車イスのままで上がる方法をという話しがあったので、屋外用の車イス昇降機やリフトの情報を集めるのも目的でした。写真のリフトは、無骨ですがとても合理的な作りがされているので立寄りました。ただ、この手のものはオーダーメイドのため、工事費含めそれなりの費用にはなってしまいます。遊園地

s141018b.jpg (株)アルバジャパンさんが輸入販売している、階段昇降機「スカラモービル」http://www.alber.jp/product/scalamobil/です。手動の車イスの後ろに取り付けて、2軸の車輪回転によるステップアップ方式の階段昇降機のようです。実際に動かしているところを見てきましたが、プルアップ式のタイプより、機構や動きがシンプルで全体もコンパクトです。ドイツ製ゆえに細部までしっかりデザインされていて、姿もかっこがイイです。目

s141018c.jpg 「ラスカット」など建材で有名な(株)ノダさんの「ユニバーサル ディレクト」シリーズhttp://www.noda-co.jp/ud/ud.htmlの引戸に付いていた引手です。上側のみでドアに固定されるようになっていて、下側は固定されておらず、ぶら下がるような形状をしています。その形状を聞いたところ、下から手を入れやすいとかあるそうですが、ヒモが掛けられないように、という要望があってというのもあるようです。その理由は分かる方は分かると思います…。ひらめき

s141018d.jpg LIXILさんの門引戸「アーキスライド」http://www.lixil.co.jp/lineup/slide/01_04.htmです。ガイドレールが上にある上吊りのようなタイプで、地面には何も必要ありません。実物は初めて見たのですが、動かしてみて
、指1本でとても軽くスライドするにビックリです。門も広く開口したい場合に、とてもいいかもしれません。晴れ

s141018e.jpg (株)シコクさんの車いす用スロープ「段ない・ス ロールタイプ」http://www.sk-shikoku.co.jp/products/です。今年は、たためるスロープが何社かから出ていたのですが、その中で丸められるタイプです。その丸められる特性を活かして、乗り越えなど板状のスロープでは合わない場所でも、使えるように考えられた製品のようです。パーツの脱着による長さ調整が可能で、FRPとアルミ製なので長さ1.2mで約11.4kgと、比較的軽量にできています。ダッシュ(走り出すさま)

s141018f.jpg (株)ステージさんの室内用遠隔カメラ「i-loop3」http://www.enkakukanshi-navi.com/products_iloop3.htmlです。カメラやセンサー、マイク・スピーカーなどを備えた、いわゆる無線LAN対応の見守りカメラなのですが、完結した単体パッケージになっていて、テーブルなどに置けばいいだけなのが特徴のようです。ただ家電製品のように売っているのではなく、リース専用とのことです。機能的に一般販売は難しいのでしょうかね。モバQ

s141018g.jpg (株)エーアイジェイさんの「楽らくハンド」http://www.aij-osaka.com/products/pr_rh.htmlです。とても良くできていて驚きました。つかむ機能は、机の上に置かれた1円玉など素手でもつかみにくい小さな物もつまめますし、そこそこ重い物や柔らかい物もしっかりつかめます。引っ掛けたりもできますし、逆向きにしてグリップに入ってる磁石でとることもできます。この記事を整理していて、やはりとても便利そうなので、Amazonで注文してしまいました。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 20:19| Comment(0) | 色々と見て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。