2014年11月08日

【建物進行中など】小規模な施設の車いす対応トイレなどの検討

 少し前に、障害者関係施設のトイレの検討と設計をしてました。載せないままになっていたので、考え方を整理してアップしておこうと思います。貸事務所を改修して、日中障害者の人たちが活動するスペースとしています。その中でトイレはとても重要なのですが、限られた広さの中で、必要な機能を満たしつつなるべくコンパクトに作り、費用も抑える必要がありました。そのため、標準的にそのまま作るのではなく、普段から付き合いがあることを利用して、実際にトイレを使う障害者ほかの方々の使い方などを聞き、寸法を実測して器具選定や配置を決定しています。目

s141108a.jpg トイレは、元からあった通常の個室トイレと、新たに設置した車いす対応トイレの個室2つのみです。通常の個室には、水平と垂直の手すりを取付け、手洗器を便器に座ったままで使える位置に設置しています。ただ、壁が従来の事務所トイレの位置で既定されているため、トイレ幅の内寸が住宅と比べると狭いです。 車いすトイレの方は、器具配置と電動車いすの人の転回の関係から、内寸を1800×2350mmと広めになるよう壁位置を設定しています。

s141108b.jpg 車いす対応トイレの出入口は、費用の関係から手動引戸です。そのため、車いすの人が中から開けられるよう、壁隅から足ステップ分(約350mm)引戸を離しています。クローザーは無しとして、手が離れてしまった時でも勝手に閉まらないようにし、戸を好きな位置で止めておくこともできます。引戸の有効開口幅は880mmで、引手やロックは、車いすの人でも操作しやすい高さに付けてます。車いすトイレ内側の壁確保を優先して、引戸はトイレ外側で引くようにしています。るんるん

s141108c.jpg トイレの壁はビニルクロス仕上ですが、下地を合板と石膏ボードの二重張りとしてビスが効くようになっています。床は、建物の都合で排水が取れないので、ビニルシート張りとして拭き掃除です。床シートの壁への立ち上げとはせず、巾木を硬質のH300mmとして車いす等の接触に対応しています。

 便器はタンク式ですが、リモコン操作でも、便座センサーによる自動でも洗浄できるタイプです。便座は、立上がりやすさを考慮した補高便座(+50mm)と温水洗浄便座との組合せです。昇降式便座も検討しましたが、温水洗浄便座の組合せは難しく、使用する人が限られる昇降式便座より、全ての人が利用必須となる温水洗浄便座の方を優先しています。
 便器の脇にはL型手すりと跳ね上げ手すりが付きます。L型手すりの縦手すりの位置は、便座先から150mmと近めの設定です。水平手すり高はFL+750mmを基本にしていますが、補高便座のある便器まわりはFL+780mmです。ペーパーホルダーは片手で切れるタイプの2連にして、ペーパーが常にあるようにしています。

 車いすトイレ内には小便器が設置してあります。車いすの人で小便器の方がやりやすい人や、他の男性のためなので、小便器サイズやリップ高は、身長の低い車いすの人〜男性スタッフまで使えるように設定しています。小便器用手すりは、身長の低い車いすの人に合わせ、正面手すりを標準-100mmに調整しています。この小便器がある関係で車いすトイレはやや男性用、通常個室がやや女性用という性格になり、車いす利用の女性の方にとっては少し気持ちが良くないかもです…。モバQ

s141108d.jpg 洗面器は、トイレ内に広めのスペースを確保するため、比較的コンパクトで、どの向きからも使える丸型の一般向け壁掛け洗面器にしています。車いすの人向けの洗面器は真正面から使う前提のタイプが多く、狭い個室内では、特に電動車イスの人は、正面に真っすぐ入ることはなかなか難しいです。洗面器の取付高さは、あふれ縁をFL+790mm、洗面器下のクリアランスはFL+660mm確保しています。費用面から簡易オストメイトと清掃用シンクを兼ねるため、自動水栓にはせず、吐水口が引出せるタイプのシングルレバー水栓です。給湯は無いので給湯側にも給水を接続して、レバーがどの向きでも吐水するようにしています。シングルレバーであれば自動でなくてもほとんどの人は操作でき、また、バケツなどに給水する時は吐水口を引き出すことができます。

s141108e.jpg その他に、器具の無い壁には、車いすの人が着替えなどで一時的に立ち上がる用に、縦手すりを取付けています。写真には写っていませんが、車いすトイレ内での個人の荷物置きやペーパーストックには、車輪の付いた移動できるワゴンを使っています。
 照明や換気扇は、ドアなどと連動せず、それぞれ独立してスイッチ操作できるようにしています。換気扇は、状況によっては回しっぱなしにすることも必要になります。照明は、汚れなどが分かるように、公共の車いすトイレ並みの明るめにしています。ひらめき

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | 建物進行中など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。