2015年09月12日

【色々とみて】87_橋上駅舎化されたJR指扇駅へ


s150912a.jpg 2ヶ月ほど前ですが、昨年度末に新しくなったJR指扇駅を利用することがあったので、駅を少し見てみました。指扇駅周辺整備に関してはhttp://www.city.saitama.jp/001/010/015/002/p018617.htmlにあります。写真は南口からの駅舎ですが、右側はバス停の屋根に被ってます…。茶色いタイル張りの部分から隙間をとって、黒い金属の箱が覆っているようなデザインです。

s150912b.jpg 上の写真の被ってしまっているあたりを近くからです。ツルッとした軒天と丸い柱は端部や取合いに何も無く、なんだか模型というか3Dでデザインしたまんまっぽいです。よく見ると、一番手前の角の軒柱は地上に伸びていません。階段上のひさしのような部分の梁で支えているのか、意匠的な柱なだけなのか、ちょっと不思議な感じです。階段のひさしからさらに伸びるひさし?はソーラー発電パネルになっています。一番上の大屋根の上にもあるのか不明ですが、ひさしだけだと一般住宅並みの発電量でしょうか。晴れ

s150912c.jpg 黒い金属の箱の部分をホームから撮ったものです。タテ張りの屋根材を壁に貼っているようです。公共施設っぽくない雰囲気で、スケールは大きいですが、店舗や住宅の外装のようです。
 屋根の上はフラットではなく勾配部分があるようですが、ここからもよく見えません。見えないように設計しているのだと思いますが…。何か載っているのか、天井を高くしているのか気になります。

s150912d.jpg ホームにその外装材が現れている部分もあり、このような感じです。柱と設備関係のスペースのようです。タテの嵌合部分は、矢印のような断面形状の嵌合部材でつなぐ製品のようです。スチールなので、ステンやアルミのようにカチッとはしませんが、それが冷たくない表情を作っているともいえます。ただ、柔らかいので、どうしてもうねうねしてしまうようですが…。目

s150912e.jpg 橋上駅舎の北側には、写真のようなテラスがあり気持ちいいです。この日は雨でしたが…。近くに高い建物が無く、北の方向に開けているので、冬の晴れた日などに、埼玉から群馬や栃木にかけての山並みがきれいに見えそうです。

s150912f.jpg いつの間にやら、北口に駅前広場と取付道路が整備されていました。5月に供用開始になったとのことです。数年前の指扇駅周辺のイメージとは、全然変わっていてビックリです。るんるん

s150912g.jpg 指扇駅の改札内のトイレです。最近のJR東日本大宮支社管内の仕様と同じようで、グリーンの「多機能化粧室」表示です。そういえば、東京周辺?のJRでは「トイレ」と表示せず「化粧室」と表示してるのが多いですよね。

s150912h.jpg 当然ながら全てのエレベーター完備です。屋内の壁は、さずがに屋根材ではなく、小さい角波のスパンドレルのダークグレー色が張られています。写真の方の取材の関係で、指扇駅へ行ったのでした。電車

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 22:50| Comment(0) | 色々と見て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。