2008年07月12日

【日曜大工仕事】つどいの広場あそぼうよの引戸など

●階段下の引戸家
s080712a.jpg 上尾のつどいの広場あそぼうよで、階段下に戸を付けたいという相談がありました。あそぼうよは、http://blog.goo.ne.jp/ageo-asobouyo/です。これまで、この建物の2階はあまり使われていなかったのですが、相談その他で、2階を使い始めるそうです。上記ブログのように、子どもたちがたくさん来ているので、子どもたちが階段を上がらないようにしたいとのことです。
 一世代前の建物なので、階段の勾配がきついのに加えて、階段や2階という存在は、子どもたちにとって非常に魅力的なようなので...。
 スタッフの方と、伸縮モノや上下モノなど色々考えましたが、引戸をかぶせで付けてしまうことで落ち着きました。建具屋さんも含めた打合せで、上吊りとして見積りとなりました。床の埋込レールも検討しましたが、外れることを完全に防げないので、多少バタつくものの外れることのない上吊りとなりました。
 写真のように、光の届きにくい暗い場所なのと、心理的に区切りを和らげたいということで、戸は光が通るようにしています。ガラスは不可なので、透明アクリルとポリカ中空板の2枚をはめることにして、その間に子どもの絵とかが飾れるようにしました。なので、その額縁は、外して取替ができるよう建具屋さんにお願いしています。ポリカの中空板の中には、色味のあるものを入れたりしようとも考えています。
 予算との兼ね合いがあるのですが、戸が付いたらまた載せるかもです。

●戸当たりとフックと雨戸とアート
s080712c.jpg 壊れてしまった事務室の開き戸の戸当たりを交換しました。このタイプの戸当たりは、懐かしいです。普通は戸を止める時でも遊びがあるのですが、子どもたちがガチャガチャしてしまうので、受け具の位置を調整して遊びの無い位置に固定します。
s080712d.jpg 軒下にフックを4本付けました。庭でプール遊びをする時に、日差しが強すぎるのを避けるタープを張るためのものです。サッシ間の板金を貫通させて下地にフックを固定します。防水テープを貼ろうかと思いましたが、軒が深いため大丈夫かなと、このままでしばらくいってみます。
s080712e.jpg 雨戸が2ヶ所閉まらなくなったのを直します。1ヶ所は、押しても引いてもダメなので、戸袋を開けて戸を押し出しました。戸袋の中に砂埃がたまって固まっているのを掃除して、かなり古く動きが悪いので、雨戸を開ける時に強く押し込まないようにお願いしました。
posted by ki at 00:05| Comment(0) | 日曜大工仕事など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。