2015年11月29日

【光と風と素材の家_メンテ】53_玄関子機交換と壁の電球照明交換とパイプファン清掃


s151129a.jpg 少し前、インターホンにまたノイズが入るようになり、玄関子機の具合を調べてました。http://home.kurade.net/article/146095303.htmlに書いてますが、2月頃に、玄関子機内の端子部分に虫が卵を産みつけて不具合が生じていました。今回は、そういうことはないのですが、卵の後遺症?なのか端子周辺の酸化や劣化?がひどく、接点復活剤を使ってできるだけきれいにしてみます。さらに、黒く変色しているコード部分も切り落として、きれいな部分で接続してみます。

s151129b.jpg ですが、ノイズがたまに入ったり…という状態なので、あきらめて玄関子機を交換しました。パナソニックのワイヤレス機への全交換も考えましたが、室内機などに問題があるわけではないので先送りです。玄関子機はアイホンJS-DASで、交換後はノイズは全くなくなりました…。
 元々、玄関子機にとってはきびしい設置環境なのも、不具合が起きやすい原因なのかもしれません。取り付けているのが枕木なので、取り付けに隙間が多く水や虫などが侵入しやすく、さらに、すぐ下にポストの広い水平面があるので、雨の跳ね返りをまともにくらってしまいます…。家

s151129c.jpg http://home.kurade.net/article/32778160.htmlなどに書いてますが、壁の照明に、陶器製のモーガルソケットを、電気屋さんに頑張って取付けてもらいました。ですが、壁に直付けすること自体も難しいのに、軽量な白熱球ではなくやや重いG形電球形蛍光灯を取り付けて、荷重の負担もかけていました。そのため、徐々に負担が表面化してきて、洗面所などは陶器が固定ビスと接触して割れてきてしまいました。
s151129d.jpg さすがにやや不安なので、以前検討用に取っていたダイコーDCL38869Yに交換しました。少々大きくなりますが、G形の電球形蛍光灯なので、見た目の安定感もあるのでまぁいいかなと。

s151129e.jpg 一方こちらは、洗濯脱衣室の照明で、流しシンクの上にあるので、このような交換になりました…。洗濯の手洗いを流しシンクでするのですが、老眼で?汚れが見えにくくなり、ここは昼白色の明るいLEDのG形電球に交換しました。ですが、広配光とはいえLEDは正面方向の光りが多いので、電球を下向きにしたくなり、光波のフレキシブルソケットhttp://www.koha.co.jp/product/lighting/lamp/item_11.htmlを使います。当然、モーガルソケットでは荷重に耐えられないので、ずっと在庫していたナショナル時代の黒いレセップに交換しています…。ひらめき

s151129f.jpg 壁のパイプファンは、ホコリが溜まってくると、元々やや大きいファンの音がさらに大きくなってくるので掃除します。パイプファンは、トイレ2ヶ所と浴室と小屋裏の4ヶ所にあります。この4つとも、ほぼ24時間365日回りっぱなしなので、ウチでは半年に1回くらいは、室内の格子グリルを外して羽根まわりのホコリ掃除が必要です。写真は浴室のパイプファンですが、羽根を外してその周辺のホコリを拭き取ったところです。この奥のパイプにもホコリがたまっているのですが、そこは面倒なので私は掃除せずあきらめます…。
s151129g.jpg 格子グリルと羽根も洗ってきれいにします。トイレと浴室は、インテリアパネルもシャッターも無い、写真の格子グリルなので、掃除は楽ですが音は大きいです…。ユニットバスでなく在来浴室なのでパイプファンなのですが、やっぱり浴室は、天井のシロッコファンの方がいいですね。台風

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。