2008年08月03日

【堀崎町の家】仮設設備工事から根切りへ

●仮設設備工事ひらめき
s080803a.jpg 安全柵の設置の翌週は、仮設のトイレ、給水、電気の設置と、既存の汚水マスの撤去程度の動きでした。この中で給水は、引込はされていてもメーター設置はまだだったので、メーターの新設申請に時間がかかりました。
 この後、重機屋さんと鳶さんの予定の都合で、1週間ほど現場では動きのない状態となりました。

●根切りいい気分(温泉)
s080803b.jpg 先週から根切開始です。レベル設定をしたのち、鳶さんが根切り範囲のラインを引いています。基礎形式がRC造の連続基礎なので、基礎ベースの幅から500mmほど逃げを含んだ範囲を根切りします。なので、建物が隣地境界や道路境界と近い箇所は、根切れるギリギリまで掘ることとなります。

s080803c.jpg 敷地奥から根切り開始です。基礎梁のせいが900mmあるので、根切り深さは1m以上になります。幸い地盤が良好な関東ロームで、地下水レベルももう少し下なので、比較的順調に根切りが進みます。根切りの側面に、関東ロームの地層が見えていました。一番浅い黒っぽい土が造成時などの盛土、その下の少し黄色っぽい土が多少植物等の混じったロームの粘土層、その下の黒っぽい土もロームの粘土層でこれが支持地盤になります。
s080803e.jpg 床付け作業は、ユンボで大まかに掘った後、ばか棒でレベルをチェックしながら、根切り底などを鳶さんがスコップで仕上げていきます。そして根切り底に、砕石の敷き厚と捨てコン厚を示すレベルを立てていきます。

s080803d.jpg 見た目に良好な地盤なのですが、一応、ボーリング調査時の土質標本の支持地盤サンプルと照合します。土の置かれている状態で水分量が変わってますが、問題なく同じです。さらに一応、指でこねて粘土層であることを確認します。

s080803f.jpg 連続基礎といっても残る島の面積が小さいので、結果的には総掘りという形になりました。なので、根切りと根切り側面の覆いと砕石敷きに3日ほどかかり、現在、2/3ほどまで進んでいます。
 砕石は、いわゆる砕石クラッシャーラン40-0を敷き厚100で突き固めます。しかし、根切り底の地盤の状態が良いので、底を荒らさないようランマーによる転圧は1回程度としました。砕石は、青っぽい色のものが入ってきました。最近使われている再生砕石は丸っこいものが多く固めづらいそうで、この方はまだあまり使っていないとのことでした。
 最近の木造住宅のべた基礎などと違って根切り量が多いので、住宅地内でこういう根切りがあると地下室があるのかと思われてしまうようです。が、基礎のためだけなのです...。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。