2018年06月27日

【光と風と素材の家_メンテ】67_在来浴室のタイル目地割れと補修作業


 浴室のタイル目地が割れてきたので、補修したりしてました。近頃では珍しい在来浴室で、10年前の建築時に、自分自身の勉強と実験を兼ねて、ユニットバスにしなかったモノで、(→”05_在来浴室でシンプルに使いやすくする”)などに書いています。

s180627a.jpgs180627b.jpg
 床はRC造の上にモルタルですが、壁の木造合板下地が経年で退け、その取合いなどで目地割れしてしまったようです。下地の防水層は、床壁一体で丈夫なタイプなので切れることはないと思いますが、割れの中からカビないように、割れ目からの不要な侵水は避けるために補修します。

s180627d.jpg 補修目地材は、写真右の"ヘンケル DTM-500"という、500gに小分けされた目地材を使用します。左の"セメダイン バスコークN"は、取り合い部なので今後も季節で動くと思うので、コーキングで補修することも考えましたが、割れを埋める程度にとどめることにし、目地材にします。
 目地割れは4ヶ所ほど、合わせても長さ2mくらいなので、DTM-500は1/5程度で十分です。なので材料費は100円ほどです。

s180627c.jpg 割れた目地部分の、補修に支障する目地をマイナスドライバーで削り取り、刷毛や掃除機を使って清掃します。

s180627e.jpg タイルが補修作業後の清掃がしにくいタイプのため、床壁ともマスキングします。ちなみに床は、滑りにくいように表面がツルツルしていないタイルで、壁は小さな凹凸がデザインされたモザイクタイルです。
 マスキングテープは、コーキング用の余りを使ったのですが、表面コートで全く目地材がつかないため、剥がす時に目地材が散ってしまい、余計な掃除が増えてしまいました…。
 目地材は、ダマにならないよう十分に練って使います。塗り込むヘラも、コーキング用の少し硬めの細い樹脂製を使ったので、塗った表面はスムーズにはなりにくく、最後に少し濡らした指で軽くなぞってみたりしています。

s180627f.jpg 作業自体はすぐに終わります。ですが、固まるまでは粉状にとれてしまうので、水がかからないよう乾燥させます。説明書上は24時間ですが、お風呂に入らないわけにはいかないので、目地補修作業は、前日の湿気が乾いた朝イチで作業して、その日の夜の入浴はなるべく水がかからないように入り、浴室の床壁の掃除は2日後から…ということにしてやっています。
 問題なく目地は補修できましたが、プロのタイル屋さんが作業した目地と比べると、やはり少しザラザラ凸凹してしまいます。いい気分(温泉)

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 18:05| 風.光.素材の家_アイデア