2008年10月12日

【堀崎町の家】1Fスラブの配筋とコンクリート打設

●捨てコン打設 いい気分(温泉)
s081012a.jpg 1Fスラブ下の捨てコンが打設されました。天気の巡り合わせが悪く、雨の隙間で打設したものの、雨が多くシートをかけて養生が必要でした。そのため、乾きに時間がかかり、墨出し作業まで、また日数を要したのでした。写真は、乾燥後、親墨を出したところです。

●1Fスラブの配筋と配筋検査と型枠 るんるん
s081012b.jpg 続いて、1Fスラブの配筋がされました。途中作業のために、一時的に曲げられていた定着の鉄筋も、本来の位置に戻されていました。

s081012c.jpg ここで、1Fスラブ配筋の検査を、構造設計の方、鉄筋屋さんも加わって行います。基礎梁への定着する鉄筋の曲げ部分の補強筋の位置関係など、ごく一部を修正してOKとなりました。

s081012d.jpg 修正を終えた翌日、1Fスラブのコンクリート打設に向けて、外周に型枠が組まれ、そこに打継のための目地がセットされました。スラブ部分には、打設高さを示すレベルがセットされ、散水も行われて、生コンの到着を待ちます。

●1Fスラブのコンクリート打設 ひらめき
s081012e.jpg そして、スラブのコンクリートを打設します。また、打設に先だって、生コンの受け入れ検査を行います。打設は、ポンプの筒先近くにバイブレーターをかけ、トンボでおおまかに慣らしながら進められます。
s081012f.jpg その後から、左官屋さんが、アルミトンボでタンピングしながら慣らしていきます。足場の悪い中、1,200幅くらいありそうなアルミトンボで、タプタプスイスイとすばやく慣らしていくのは、なかなか見事です。ちなみに、タンピングは、表面の骨材を沈めて慣らしやすくしたり、コンクリートの充填を高めたりするのだそうです。
 さらに、型枠を外側からたたいて、型枠部分の充填を高めていきます。柱や壁の鉄筋がある部分は、コテで充填して仕上げていきます。

s081012g.jpg 打設直後です。このぐらいウェットな感じですが、映り込みがきれいに見えるほどに、慣らされています。これで連休をまたいで養生期間がとられます。次は、いよいよ1F壁と2Fスラブの打設に向かいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。