2008年11月19日

【堀崎町の家】1Fの型枠解体とスラブ不陸の調整

●壁と梁側のせき板解体とスリーブ あせあせ(飛び散る汗)
s081119a.jpg コンクリ打設の翌週、壁や梁側のせき板が解体されました。一部、黒光りしているコンクリート面が現れてきます。コンクリの打設状態を見て回りますが、充填具合も良く、打継面などが出たりすることもありませんでした。打設作業が非常に良かったということで、作業いただいた方々に感謝です。
 写真の壁面には、意匠的なスリーブを開けています。が、型枠の通常のパネル割りだと位置関係がうまくないことは、分かっていたのですが、パネル割りの調整をまあいいかなぁと流したのを、やや後悔です。せめてスリーブをPコンの真ん中に、少し移動すれば良かったです。
s081119b.jpg まだ、この時点では、スラブ下と梁下のせき板と支保工は存置したままです。きちんと、梁側だけ解体できるように組まれている型枠などに、型枠大工さんの奥深さを感じます。

●セパ穴埋めの作業 アート
s081119c.jpg 続いて、多数現れているセパ穴を、黙々と左官屋さんが埋める作業をしていきます。仕上が付く部分は、面まで埋めますが、打放しの部分は、少し凹まして仕上げます。

●土台下のスラブ不陸の調整 いい気分(温泉)
s081119d.jpg この後、RC造の1Fの上に、木造の2,3Fが載ります。スラブの上に土台敷きとなるのですが、レベルを出してスラブをきれいに仕上げても、水平がきっちりいくものではありません。木造住宅の基礎のように立上がりが無いので、不陸を調整する方法としてレベラーのようなものも使用できず、水糸を頼りに無収縮モルタルの左官作業で、水平を出す作業をすることとなりました。設計では、調整シロを見込んでいるだけだったですが、実際どうやって調整をするかは簡単ではありませんでした。
s081119e.jpg 結果、土台の下部分に高さ10mm前後のこのような台ができました。高さがわずかとはいえ、雨が降ると水が貯まってしまうので、水みちを切っておきます。この台の上からは、通常の木造と同じになります。RC造と木造の間は狭いながらも屋外扱いなので、通気をとる土台パッキンを敷いて、土台を敷いていきます。

●スラブ下と梁下のせき板と支保工の解体 ぴかぴか(新しい)
s081119f.jpg コンクリの1週の強度試験をしたところ、設計基準強度どころか呼び強度以上の数字が出てきました。今どきは1週でかなり強度が出るのだそうですが、それだけコンクリの性能?が良くなっているのかと感じます。それでも、2週間ちょっとあけてから、スラブ下と梁下のせき板と支保工を解体しました。黒くつやつやのコンクリート面が現れてきます。この時点では、まるで石のようで、窓の光が天井面にきれいに映り込んでいます。
s081119g.jpg 型枠解体の合間だったのですが、たくさん落ちてる釘の中に、このようなものがあります。左は、インサートを留めてた釘で、右はスラブ引きを留めてた釘です。どちらも下から釘が外れて、釘が残らないようになっているもので、なるほどと思うのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。