2008年12月29日

【堀崎町の家】筋交い取付け接合金物と屋根工事

●筋交い取付けと接合金物家
s081229a.jpg 3階床の合板張りと平行して、筋交いが入れられていきます。設計当初のもくろみとしては、外壁を45×90の片筋交い+耐力面材、内壁を45×90のたすきの組合せで納めたかったのですが、構造計算の結果、そうはいきませんでした。やはり混構造3階建てのため、平19建告第593号の告示条件を満たさないと、構造計算の適合性判定が必要となるためです。
 結果、外壁は45×90の片筋交い+耐力面材と、30×90のたすき+耐力面材の2種類、内壁には90×90のたすきという合計3種類の筋交いが配置されることとなりました。左の写真は、そのうちの30×90のたすき部分で、間柱も入っています。この後、外壁は、耐力面材である厚12mmの構造用合板と厚9.5mmのモイスTMが、外壁仕上のそれぞれの部分に張られていきます。
 筋交い取付けは、予想通り?大変でした。筋交いの取り付く柱端部は、管柱を引き寄せるホールダウン金物や、梁を胴差に引き寄せる羽子板ボルトなどが、優先して先に付いています。そこに筋交いを納めて、筋交い端部も金物で、それぞれが干渉しないように固定しなくてはならないからです。RC造も柱端部の鉄筋の納まりが要注意でしたが、木造も柱端部の金物の納まりが要注意です。
s081229b.jpg 大工さんが選定していただいた金物を一部紹介しますと、左は2倍(45×90)用の筋交いプレートで、カナイのターミネーションプレートです。写真は映り込みで黒いですが、SUS製の薄い合板張りに支障しないタイプです。このプレートは、3尺と6尺両方の筋交いに対応します。一見、付け方がおかしいように見えますが、これが指定の付け方で、ビスも筋交いに対しては9穴のうち7本を取付ける指定になっています。横架材への取付け位置が柱からずれてくるので、羽子板ボルトとの干渉に配慮がいるタイプです。このプレートは、ガイドのようなそうでないような筋交いのラインが入っていたり、なんか変な?気分がしてしまいます...。
s081229c.jpg こちらは、1.5倍(30×90)用の筋交いプレートで、カナイのN-フリーダム筋かいプレートです。1.5倍の他に、ビス違い?の2倍用、3倍(90×90)用も使用されています。1.5倍用は薄いタイプが無いので、壁内で筋交いと柱を固定するこのプレートで固定します。3倍は、ホールダウンとの関係で、M12ボルト固定とこのプレートでの固定を使い分けています。
s081229d.jpg こちらは、ホールダウンの付かない管柱端部の固定に使用している、カネシンのエーステンプレートSです。いわゆるVP同等金物です。外壁面用の薄いタイプなので、このように上から構造用合板を張っていくことができます。この他、内部の管柱端部には、同じカネシンのコーナープレート2と、その合板床用で固定しています。
 ちなみに、カナイはhttp://www.kana-e.co.jp/、カネシンはhttp://www.kaneshin.co.jp/です。

●ルーフィング工事とアキレスイイヤネ雨
s081229e.jpg 一方、屋根にはルーフィングが張られました。田島の汎用改質アスファルトルーフィング(通称ゴムアス?)のPカラーEX+です。設計時には、3寸のやや緩勾配と強風等の影響から、粘着層タイプをためしてみようかと考えてましたが、タッカーの効く野地ですし、天窓がある施工性を考えるとタッカー留めタイプで十分とのことになりました。田島ルーフィングはhttp://www.tajima-roof.jp/です。
s081229f.jpg この上に張る、断熱材付きの金属屋根材、アキレスイイヤネです。http://www.achilles-dannetu.com/achilles/products/pr_iiyane.htmlにあります。波に伴い22〜40mmの硬質イソシアヌレートフォームが裏打ちされており、下面は防湿紙でカバーされています。軽く施工が簡単とのことですが、板金屋さんも施工に特に問題はないけれど、とのことでした。
s081229g.jpg が、予想通り?天窓まわりの納まりは、やはり難儀します。厚みがあるので、単なる金属葺きの様には納まらず、瓦屋根の納まりに近いです。が、イイヤネの断熱材は屋根の構成上重要で、なおかつ屋根勾配が緩いので、瓦屋根の考え方のように、広い逃げを作るわけにもいきません。板金屋さんと現場主任と私とで色々とアイデアを出して、板金屋さんがためしてくれて、納まりを決めていきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。