2010年06月27日

【色々と見て】山本亭と東京スカイツリーと巣鴨とげぬき地蔵尊

 アップの時間がなくて、だいぶ経ってしまいましたが、http://home.kurade.net/article/39029713.htmlの柴又帝釈天からの続きです。

■山本亭の縁側と天窓目
s100627a.jpg 帝釈天からすぐ東隣にある山本亭にも行ってみます。山本亭については、http://www.katsushika-kanko.com/yamamoto/にあります。関東大震災の際に、浅草から移築された旧宅で、現在は葛飾区さんが保存管理をしているそうです。外から見る場所が見つからなくて、内観だけです。
 和室の広間が広く、縁側も長いです。縁側の天井も高く、欄間も明かりを通すのに十分な高さがあります。障子が非対称形で、雪見窓?が小さいのも面白いです。

s100627b.jpg 縁側のガラス戸越しに眺める庭も、緑深くとても落ち着いた庭園です。4枚の素っ通しのガラスが入るガラス戸の、枠が細く、コーナー部分がRになっているのも、雰囲気作りに貢献していそうです。

s100627c.jpg 客間と思われる洋室もあります。三段?の縦長のガラス窓と壁が交互に並ぶ雰囲気が、とてもいいです。入口ドアの上のステンドグラスも、色でなくて型ガラスの違いによるデザインも面白いです。

s100627d.jpg 奥の水場近くの廊下の上には、天窓があります。天窓って昔からあったんですねぇ。採光部のガラスから、下に向かって広がっているのに、きちんと造っている感を感じます。屋根がどう納まっているのか気になるのですが、分かりませんでした。

■東京スカイツリーは人がたくさん晴れ
s100627e.jpg 柴又から押上に移動して、工事中の東京スカイツリーです。この時は、高さ398mって書いてありました。平日だったのですが、結構たくさんの人が来ています。北十間川沿いは、見上げてカメラを構える人がたくさんです。私も、その一人になってきました。写真は、ちょうど正面の所からです。私の携帯では、足元から上まで入りません。
 足元の三角形から、上部に向かって丸くなるんでしたっけ。この正面のアングルはいいのですが、横の方から眺めると、高さに対して足元が細く感じるのと相まって、途中から曲がっているように見えてしまいます...。

■巣鴨とげぬき地蔵尊と活気ある商店街るんるん
s100627f.jpg さらにどうせならと巣鴨に移動して、とげぬき地蔵尊と呼ばれる高岩寺へ行きます。賑やかな地蔵通り商店街の中程に、とげぬき地蔵尊があります。とげぬき地蔵尊と商店街については、http://www.sugamo.or.jp/にあります。さすがに、洗い観音様を洗ってくる度胸は、ありませんでした...。

s100627g.jpg 地蔵通り商店街は、平日の午後でしたが、人通りも多くとても活気があります。確かに、高齢の方に向けた商品を並べたお店が多いので、ここに来ると手に入る的な感じがありそうです。運気が上がる?赤い肌着の専門店までもあります。

くらしデザインスタジオ@考(><)トップへ
posted by ki at 23:42| Comment(0) | 色々と見て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。