2010年07月12日

【堀崎町の家_メンテ】24_戸当たり交換と食洗機位置修正とスイッチシール

 今春頃に、メンテナンスほどではないのですが、少し作業してます。

■マグネットキャッチ付き戸当たり家
s100712a.jpg 1ヶ所だけある開き戸の戸当たりを、マグネットキャッチ付きに交換しました。単なる戸当たりだったので、窓を開けていると、風で突然閉まっていました。
 フック付きの戸当たりなど、いくつか検討した結果、自動的に戸をつかまえて止め、足でも簡単に解放できるマグネットキャッチ付きにします。フックだと、いちいちかがんで引っ掛ける作業が必要ですし。
s100712b.jpg マグネットキャッチ付きにも何種類かあり、色々見た中では、取付け方法やキャッチや解放の動きから、これが一番良さそうで選びました。メーカーは、なぜか不明です。私は、ジョイフル本田で、1セット900円くらいで買った気がします。戸が近づくと、マグネットに吸い寄せられて、戸当たりの金属板が自動的に持ち上がり、戸をつかまえます。戸を速く開いても、結構しっかりつかまえます。この戸当たりは、つかまえた戸が勝手には解放されないロック付きです。戸を開放するには、戸側の四角いカバーを上から押し下げれば、簡単に解放されます。
 戸には、写真のような四角いパーツが付いてしまいますが、床は、直径5cmくらい高さ4mmほどのフラットなパーツが付くだけになります。

■食洗機の位置修正目
s100712c.jpg キッチンの天板がヒノキのため、自然に乾燥が進むのに加え、食洗機の廃熱による乾燥で、650mm奥行きに対して5mm程度収縮してきました。その影響で、食洗機奥の浄水器への給水ホースと食洗機が、干渉するようになってました。食洗機が少し前に出るような感じになり、食洗機の音の漏れが大きくなっていました。
 なので、食洗機を1回抜き、裏の水栓を固定しているナットをルーズにして、ホースの動きに逃げをつくり、干渉をやわらげます。写真のように、食洗機はキッチンカウンターに、前からはめ込んであるだけなので、簡単に前に引き出せます。その際、食洗機のホースや配線に注意は必要です。
 作業の結果、食洗機が少し奥まで入り、元の位置に戻りました。

■照明スイッチの目印シールひらめき
s100712d.jpg 照明が多く、細かく分かれているので、スイッチがたくさんあります。どれがどのスイッチか覚えづらいので、スイッチにシールを貼りました。色による区別と、シールの方向で、点灯する照明のある方向をなんとなく示しています。シールは、ウチに余っていた、キラキラのハッピーフェースのシールです...。
 これで、スイッチを操作して、どこが点くかを確かめたりすることが減ってきました。

くらしデザインスタジオ@考(><)トップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。