2011年09月29日

【堀崎町の家_メンテ】34_玄関脇ののれんとBSアンテナ設置

■玄関脇の目隠しのれん目
s110929c.jpg 少し前、ずっと付けてなかった玄関脇の収納の、目隠しのれんを付けました。こんなように、玄関脇のオープン棚に色々置いているのが丸見えでした。そこの上に、写真のように棒を渡して、のれんを掛けます。のれんの棒は、使わないままウチに在庫してた、タペストリー用のφ20くらいのアルミ丸棒を長さにカットしてます。

s110929a.jpg 棒を受ける部材も、なるたけ単純にして、片側は12mm厚の約40mm角のヒノキ板に、φ24mmくらいの穴を開けたものを、2本のビスで固定してます。

s110929b.jpg 反対側は、同じ大きさのヒノキ板を、こちらは上からのれん棒が出し入れできるようU字に加工して、2本のビスで収納に固定してます。一応、両側とも、多少のキズと汚れ防止のため、オイルフィニッシュを塗ってます。
 棒の長さは、湿度と気温の高い、両端間の距離が最も縮まっている時期に調整しています。ですが、両側合わせて受けが24mm分しかなく、これから乾燥して気温が下がり、両端間の距離が広がる時期に、棒が落ちないか少し心配しています。

s110929d.jpg のれんは、かみさんが制作してます。若干、足が重なり気味なのはご愛嬌でしょう。

■BSアンテナの設置TV
s110929e.jpg 真夏に、BSアンテナのお皿設置をしました。テンペストが観たいという突然の理由で、まさにNHKさんの思惑にはまったようなカッコです...。
 設置したアンテナは、東芝テクノネットワークのBCA-453です。http://www.toshiba.co.jp/tcn/eng/eng/new/010.htmにあります。キット付きで5,000円ちょっとです。単に、形が横長なのが珍しかったという理由で選んでます...。

 バルコニー設置はジャマなので、写真のように、UHFアンテナのポールに取付けました。手前のバルコニーというか物干のポリカの屋根の上に上がって、取付け作業をしてます。やや位置が高めなのは、向こう側の金属屋根からの雨の跳ね返りをあまり受けないようにです。

s110929f.jpg BSアンテナからUHFと同じルートで、引き込みボックスまでアンテナケーブルを引っ張ってきます。そのボックス内には、屋外用のCSBS/UV混合器を設置して、F型接栓加工をして接続します。混合器は、特に理由無くYAGIさんのBS側のみ電流通過のCS-FHW-Bで、2,400円くらいです。既設のアンテナ配線は、電気屋さんが5Cでやってくれているのですが、このBSアンテナキットの付属品は4Cの白色で、やや耐久性には劣る感じです。

 そして、室内のアンテナ端子に分波器をかませて、テレビやレコーダーに接続しなおせば配線は終了です。あとは、テレビのアンテナ受信感度を見てもらいながら、屋根の上でBSアンテナの微妙な向きを調整します。テレビ前のいくさんと私の携帯で、家族間通話でずっと受信感度の数値の変化を読んでもらいます。BSアンテナは、角度がけっこうシビアというのはきいていたのですが、ちょっと合わせるのに苦労しましたが、無事、設置完了です。こないだの台風15号でも、ズレたりしてないので大丈夫でしょう。

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。