2013年05月01日

【色々とみて】神田明神の御輿と神田の家から2k540へ


s130501a.jpg 昨日http://home.kurade.net/article/66057530.htmlの続きです。お茶の水あたりでニコライ堂や湯島聖堂を眺めてから神田明神http://www.kandamyoujin.or.jp/に寄ってみます。写真の隨神門は、ひのき造りで再建されたものなのだそうです。なかなかいい立ち姿です。そうか、本堂は建築物で防火規制がかかるけど、通常人の入らない門などは外構なので防火規制がかからないのですかね。目

s130501b.jpg 江戸三大祭の一つ神田祭りが5/11,12にあるそうで、御祭礼に向けた準備が始まっています。広い境内を歩きまわっていたら、鳳輦神輿奉安殿という神輿を奉安する建物で、中の神田明神大神輿などを見ることができました。装飾が細かく密度が濃く、とても見事です。るんるん

s130501c.jpg 神田明神の西隣りに、千代田区指定有形文化財の「神田の家」http://kandanoie.com/というのがあったので行ってみます。移築保存されている元材木商の店舗兼用の邸宅だそうで、内装などの銘木と職人技が見所だそうです。が、公開は八のつく日だけのようで、中は見れませんでした…。建物自体も、とてもきれいに維持されているようでぜひ見てみたいです。家

s130501d.jpg 神田明神からは東に歩いて、JR山手線高架下の「2k540 AKI-OKA ARTISAN」http://www.jrtk.jp/2k540/に寄ってみます。照明も電球色中心の暗めで、穴の中に入ったような感じです。高架下を逆手にとって、無理矢理明るくしないままなのは、いいかもです。雑貨と工芸品と手作り品のお店が並んでいて、各お店がガラスの開き戸を開けて入る感覚が新鮮です。ひらめき

s130501e.jpg そこからは、JR線沿いを北上して、上野駅から帰ってきました。7kmちょっと、約3時間半かけて歩いてまわったようです。にぎやかな中を歩いてくると、この地味な上野駅舎が逆に気になります。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | 色々と見て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。