2014年03月17日

【色々とみて】牛嶋神社から向島百花園と、東北芸工大東京展と千葉大意匠展


s140317a.jpg 先月、上野の東京都美術館へ行ったあと、浅草から向島方面に歩いてみました。こちらは、牛嶋神社http://www.tesshow.jp/sumida/shrine_mukojima_ushijima.htmlで、ちょうど隅田川を挟んで浅草寺の対岸辺りにあります。たまたま入ってみたのですが、とても良い雰囲気です。三輪鳥居というくぐるところが三つある木製の鳥居が立派です。おそらく、本来は朱色なんでしょうね。http://kurade.269g.net/article/17983711.htmlに書いてますが、撫で牛を撫でさせていただいて、御守り買ってきました。いい気分(温泉)

s140317b.jpg 牛嶋神社前の交差点から見た、東京スカイツリーです。2〜3階建の建物越しに、634mがそびえています。明らかにスケールがおかしく、合成写真みたいです…。

s140317c.jpg 東武線の、隅田川を渡る手前の高架橋と架線柱です。ちょっと凝った意匠で、街に表情をつくり出すような、こういう存在は好きです。対称的な?工事中の首都高速の高架線が背後にあって、写真は良くないですが…。目

s140317d.jpg 向島の料亭街を歩いて通ったりしながら、向島百花園http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.htmlまで歩いていきました。御成座敷という木造の建物があり、中でお茶会か何かをやっていました。いい雰囲気ですが、まだ花や緑が少なく庭がさみしい感じです。

s140317e.jpg 梅が咲き始めてるかなと思ったのですが、2月末のこの時はまだ早かったようです。かわいい

s140317f.jpg 東京都美術館へは、東北芸術工科大学http://www.tuad.ac.jp/の「東北芸術工科大学卒業・修了展>東京展」を見に行ったのでした。昨年http://home.kurade.net/article/62906973.htmlの時にとても良かったので、今年もということで。自身の作品へと表現しようとする強い姿勢と、その作品の完成度を最大限に高めようとしている意欲が、作品から純粋に伝わってきて、とても気持ちがイイです。東京展は、ファインアート系中心とのことですが、ぜひプロダクトなど他の分野の作品も見たいです。

s140317g.jpg 作品タイトルが名刺入れにもなっています。このとにかく発信してつながっていこうという、どん欲さが好きです。この方の作品も好きな感じだったので、私も名刺をいただいてきました。

s140317h.jpg 会場には、展示されている学生さんのポートフォリオも見ることができました。各作品の出しきり感みたいなものが出ていて、自分の学生時代が恥ずかしくなります…。ひらめき

s140317i.jpg 昨日は、千葉大学工学部デザイン学科の卒業制作展「意匠展」http://www.ishouten.com/を見に、浅草橋のHULIC HALLへ行ってきました。エントランスとホールだけですが、期待より普通の街のビルでした…。

s140317j.jpg このポスターやウェブのグラフィックが好きです。写真は、厚紙に印刷されたDM用ですかね。作品展の方は、我ながらというか工学部なこともあるのですが、今の時代の若い人が挑んでいるテーマという感じがあまりなく、想像の範囲内のもので分析的に見方を変えて新しさを探す…という印象です。モノではなくて、ライフスタイルのイメージがワーッと広がっていくような刺激が、オジサンは若い方々から得たいです。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:03| Comment(0) | 色々と見て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。