2013年07月28日

【ばり研通信】自分から話しかけることのハードル?

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」155号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #51

* 自分から話しかけることのハードル? *

s130728.jpg 最近ばり研では、A君に「今」思ったことや頼みたいことをしゃべっていいんだよ、っていうのを伝えようと意識してます。おしゃべり自体も、やってないとなかなか言葉が出ないようですし、話したとしてもQ&A的な用意した言葉が多かったので…。自分から発した言葉に、他の誰かが反応する楽しさ?、達成感?を、感じられるようになるといいかなと思うのです。
 そこで、肝心なトコは口が重い?ばり研メンバーに、自分から話しかけることのハードルを、人力車販売の合間にきいてみました。目
     *
 まずはA君自身はどう思ってるのでしょうか。自分では「頼むのが下手」で、できないことをなかなか頼めないのは「緊張するから」、緊張すると「手汗をかく」のだそうです…。手汗は他の人の話しを聞いて覚えている気がするのですが…。
 緊張するのは、「頼みづらい」「話しにくい」メンバーやスタッフの時だそうで、そういう空気?を何かから感じとっているようです。場所もあるようで、ノイエの事務所では「緊張しない」けど、人力車販売の時は「緊張する」そうです。ちなみに、A君に一番言葉をかけているスタッフのBさんのことは「緊張しない。すぐにしまってもらえるからねぇ♪」と…、かけてる言葉を感じ取ってくれてるかなぁ。

 メンバーの中では、私は口が重いのかなと思ってしまうCさんはどうでしょうか。言葉が出ないのは、「自分が話しにのるタイミングが合わない」からとのことです。この話しを聞く直前に、皆で帽子が似合う似合わないで盛り上がっていたので、その中にCさんの入るタイミングがあったかたずねると「あった」そうです。だけど、自分では「その時には気付かない」で、「言えばよかったんだなぁと、後から思う」のだそうです。なるほど…です。ひらめき

 Dさんは、話しかけるきっかけは「ジュース何飲みますか?」などの話題を「2、3球投げる」のだそうです。そこで、答えが「返ってくる人」とはその後も話すのですが、「返ってこない人には、どう場をもたそうかな」と考えて、「ちょっとおとなくして、自分のことをしようかな」と思うそうです。
 Dさんは、話しの途中でよく去って行こうとするのですが、それは「話しが分からなくなると、ちょっと離れておこうか…」と思うそうです。メンバーの中では、しゃべりたそうにみえたDさんですが、「どちらかというと、話しをしたくない」のだそうです。

 話しが苦手そうなEさんにもきいてみます。いつも服装のことから話しかけてくるは「自分が服が好きだから」で、「そういうのの本や雑誌を見ている」からだそうです。なるほど…です。ただ病気などの関係で、しゃべった経験は少ないそうで、他に「話題が思いつかない」というのもあるそうです。

 Fさんは、言葉を発するのはなかなか難しいですが、リズム対話?でしゃべりたそうに見えます。対話して良さそうな人を見つけて、「フッフフフッフ?」をきっかけに「フッフッ!」が返ってくれば、そこからリズム対話が広がっていきます。
 それだけでなく、必要な用事がある時は、トントンと表情とうなずきと指差しを組み合わせて、とにかく伝えようとしてきます。本当に言葉が発しづらいだけで、対話の経験は豊富なんだろうなと思うのです。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 12:22| Comment(0) | ばり研通信

2013年06月16日

【ばり研通信】車いすのタイヤバルブとやらに気付いてみる

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」154号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #50

* 車いすのタイヤバルブとやらに気付いてみる *

s130616a.jpg ノイエの人力車販売の時に、車いすメンテナンスの方が来ていたので、タイヤのバルブのことを教えてもらいました。1枚目の写真は、Aさんの手動車いすのタイヤバルブです。高圧タイヤなのですが、バルブがママチャリなどと同じ英式(イギリス式)です。英式は高圧タイヤには使えないし、空気圧の計測もしずらく漏れやすいので、日常使用の自転車にはいいのかもですが、大事な足である車いすには向きません。

 これで大丈夫なのかときくと、劣化しやすい虫ゴム(後述)の無いスーパーバルブが入っているとのことです。見た目は普通の虫ゴムタイプとほとんど変わらないのですが、Aさんのバルブには青いキャップが付いています。これで、通常の英式より高圧にも耐え、空気漏れもしにくくなっているようです。ただ、スーパーバルブも製品によって良し悪しがあるようで、全ての製品が虫ゴムより性能が良くなるとは限らないようですが…。目

s130616b.jpg 2枚目の写真は、Bさんの電動車いすのタイヤバルブで、米式(アメリカ式)です。自走の手動車いすや電動の車いすで主に使われているバルブで、C君の手動車いすもこのタイプです。Bさんのタイプは、バルブの根元が曲がっている特殊な形状で、一般的には真っすぐです。
 米式は自動車やバイクのタイヤと同じもので、英式に比べて性能も優れています。自転車屋さんだけでなくガソリンスタンドなど、自動車やバイクを扱う店舗などでも、空気を入れられるというメリットもあります。

 この他に、細長い仏式(フランス式)バルブというのがあり、幅の細い高圧タイヤなどに使われています。車いすでは、子ども用の一部サイズのタイヤに仏式があるそうですが、私は仏式はあまり見たことがありません。車(セダン)

s130616c.jpg 一方、D君の電動アシスト車いすは、3枚目の写真のママチャリと同じ普通の虫ゴムの英式でした。一般的な介助用車いすもこのバルブです。

s130616d.jpg この時たまたま、D君の右タイヤの空気圧が低いので空気を入れようとしたら、バルブの虫ゴムが破れて空気が抜けてしまいました。4枚目の写真で、キャップの横で2つにちぎれている細いモノが虫ゴムで、このゴムが破れてしまうとタイヤの空気が全て抜けてしまいます。なので、D君のバルブも、この時にスーパーバルブに交換されました。これで、タイヤの空気圧が下がることが少なくなるでしょう。るんるん

 私も、自分のママチャリをスーパーバルブに換えようかな…、それともお湯の中で虫ゴムを替えるのも面白いから、そのままにしようかなぁ…。晴れ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 18:24| Comment(0) | ばり研通信

2013年05月08日

【ばり研通信】3.11のことを話して考えてみる

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」152号(※2013年2月末発行)より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #48

* 3.11のことを話して考えてみる *

s130508.jpg 3/11を前に(※)、この国で暮らしている以上やはり知らなくてはと思うのです。なので、ふれあい福祉センターの販売の時に、一緒だったばり研メンバーと話してみました。
     *
東日本大震災って、何が起こった?
「津波」、「地震、なんだか悲しくなります」、「地震と津波がそのものが、普通は1回で終わる地震が2回か3回か、もっとかも、それが続いている」、「地震、火事が起きました、戦争」。
戦争は起きてない…。太平洋の海底で大きな地震が起き、海面が盛り上がって津波も発生した。
東日本大震災って、どこで起こった?
「東北で」。影響の大きかった県は?。「福島、新潟」。新潟は日本海側なので違う。東日本大震災は太平洋側で起こった災害。「岩手、仙台」。仙台のある県は?。「宮城」。時計

三陸へ来た津波の高さはどのくらい?
「覚えていない」。被害が大きかった陸前高田では、津波の高さは約15m。ばり研が販売しているふれあい福祉センターのホールの天井が、高さ9mくらいなので、さらにその上6mくらいの高さ。津波は、巻き込まれたらほぼ助からないので、巻き込まれないように逃げなくてはいけない。「高台に逃げるっていうのは、どういうことかよく分からない…」。津波の高さより高い所は津波が来ないので、そこへ逃げるということ。高い場所が近くに無い時は、海から離れる方向に逃げる。ダッシュ(走り出すさま)

津波で家などを流された人はどうしてる?
「仮設住宅とか」。仮設住宅は、震災から半年ぐらい経ってからなので、それまでは?。「公民館とか小学校とか」。そういう場所の避難所で生活した。「お昼を3人で2つとかやっていた」。
そういう食事とか生活物資とか、どうしてた?
「タレントさんとかが、テレビとかインターネットとかで、お金じゃないけど、洋服とか使ってくださいって言って、たくさんきた」。ボランティアや企業など多くの人が、食事や物資を提供していた。ばり研も、販売の時に集めた義援金は、日本赤十字を通して物資などの購入費用になっているかもしれない。
どれぐらいの人が避難生活をしている?
「分からない」、「10万人くらい」。現在も避難生活をしている方々は約30万人で、流されたり使えなくなくなった建物が約13万戸。その中には、放射線の影響で避難している人もいる。家

放射線は、なぜこわい?
「分からない」。放射線は、体内を通過する時に細胞を破壊するので、通過する放射線量が多いと細胞の修復が追いつかず、人体に悪影響が出る。X線検査やCTスキャンも放射線の一種を使っているけれど、一瞬だけの少量なので問題ない。
なぜ、そんなこわいものが福島にある?。福島第一原子力発電所は何をしていた所?
「電気を作っている」。電気は火力や水力など色々なエネルギーから作られるが、その中の1つに原子力がある。震災の前までは、我々が使っていた電気の1/4ぐらいは、原子力によって発電された電気だった。福祉センターの照明も電動車いすの充電に使っていた電気も。
原子力って何だ?
「そこに近づくと、なんか鳴っちゃう」。それは、放射線を測定していて、放射線が強いと警告音が鳴っている。おおまかには、広島などに使われた原子力爆弾や核兵器で使われるのと同じような核反応を、ゆっくり高温にならないよう燃やしているという感じ。原子力発電所は、ゆっくり燃やすための様々な装置があって、事故後、水で必死に冷やしているのも、そのため。事故の時には、核反応による放射性物質を閉じ込めておくことができなくなり、一部が周辺にもれ広がってしまった。いい気分(温泉)

事故直後に埼玉のスーパーアリーナに1400人、今でも(※)加須の旧騎西高校に140人ほどが避難してきているのだけど、どんな人たち?
「お年寄りやお母さんや子ども」。福島第一原子力発電所のある福島県の双葉町の人たち。放射線が弱まるには30年はかかるので、町では帰れるのは今から30年後以降と言っている。「30年も…」。
今日から30年間、今の自分の家に帰れないとなったらどう思う?
「さみしいと思う。帰れないとお母さんに会えなくて」。
「一度、家を見に行ってみる。家があるかないか」。
「そこまで自分が生きるのかなと。家に帰りたいけれど、自分の体力とかいろいろあって心配かな…」。
「むずかしいです…」。あせあせ(飛び散る汗)

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:23| Comment(0) | ばり研通信

2013年03月22日

【ばり研通信】そう言われてもですねぇ… その2

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」151号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #47

* そう言われてもですねぇ… その2 *

s130322.jpg 前号からの続きです。ばり研の動きの中では、メンバーに対して、ダメ出しとか、ソコはこーした方がいい…とかばっかり言ってる、小ウルサイおぢさんの私です。その私に対して、なかなか不満を表現してくれないおとなしい?ばり研のメンバーの面々に、言い返したいことや言われて困惑していることなどを、あらわしてもらうことをしています。あせあせ(飛び散る汗)

■「なるべく言わないで済ます。」DさんモバQ
 コーヒーメーカーのこととか、(私(石井)が)「人に頼めとか注文しろ」とか(言う)。頼もうと思ってる(けれど)、言うのや頼むがめんどくさい。Eさんに、朝、コーヒーメーカーの電源(を入れてしまう?)のこととか。(倉庫の)カギを持って来てと言ったんだけど、動かなかった。Eさん早く来てるから。
 (めんどくさいというのは、どういう気持ち?)、気分的に。言いたいと思う時もあるし、言いたくないと思う時もある。(言いたくない時は?)、なるべく言わないで済ます。
 (言わなきゃならない時は言えてる?)、究極的に言わなければならない時は、なんとかなる時もならない時もある。自分で言わなければならない(と思うけど)。(Eさんにはどうするの?)Eさんの肩をポンポンとたたく。

■「とりあえずムカツクから!」Fさんむかっ(怒り)
 よく他の人と比べて、できてないとか言いますよね。それがすっごくイヤです、やめてって感じです!。
 クッキー(作り)で、(私(石井)が)「Gさんはできてるのに、量りを失敗(してないか)」とか、「分量が違ったんじゃない?」と言うけど、なら、私にやらせなければいいじゃないと(思う)。だから、クッキー(作り)のある週は、前の日からヤダった。そこからクッキー(自体)がやだった。
 (比較されてイヤというのは、どういう感じ?)、比較されると、ウルサイ!、ダマレ!と。(どうしてそう思う?)、とりあえずムカツクから!。

先輩組のほかに、H君が紙に書いてきていたので、その一部の気持ちを話しをしながらきいてみます。
■「1人でいろいろ考えちゃうから。」H君目
 『時々人力車で就職の話しをしてくれますが、僕はまだ就職する事を考えていないですしイメージもしていません。早めに準備をする事は自分でも十分分かっていますが、もう少し気持ちが落ち着いてからでも遅くないと思うので、時間を下さい。』
 (就職のことを、どうして考えていないの?)、(自分を)追い込みたくない(と思っている)ので。(自分が追い込まれると)、自動的にスイッチが入って、1人でいろいろ考えちゃうから。
 (追い込まれる感じは、イヤな感じ怖い感じ?)、怖い感じ。話しかけてくれたりとか、誰かいないと不安になります…。 ※(カッコ)は、私による補足です。

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ


posted by ki at 22:18| Comment(0) | ばり研通信

2013年02月17日

【ばり研通信】そう言われてもですねぇ… その1

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」150号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #46

* そう言われてもですねぇ… その1 *

s130217.jpg ばり研の動きの中では、メンバーに対して私は、ずいぶんとエラそうなことをヌカしている?のだと思います…。様々なダメ出しから、ソコはこーした方がいい…とか、そんなことばっかり言ってる気がします。この小ウルサイおぢさんに対して、とてもおとなしい?ばり研のメンバーの面々は、なかなか不満を表現してくれません。私が話しづらいキャラ?なのが、あるとは思うのですが、「はい」「わかりました」「大丈夫です」…を、軽く使ってやり過ごそうとする?ので、なおのこと突っ込んでいかなくては…となってしまいます。でもたまに、Aさんなどは、さすがに怒って言い返してくるので、腹の中に意志や気持ちがあるのが見えてきて、ホッとします。
 そこで、おとなしい?ばり研のメンバーの中で、特に付き合いの長い先輩組の方々から、言い返したいことや言われて困惑していることなどを、あらわしてもらうことにします。ただ、自分の思っていることを面と向かって表現するのに、慣れていないメンバーには、やり取りしながらになりそうです。それでは、私が誘導している?ようにもなってしまいますが、それでも困惑していることが少しでも分かる方が…と思うのですが、どうでしょうか。目

■「知らなくてもいいじゃない。」BさんTV
 (テレビ番組で)土曜ワイド劇場とか観てるとか言うと、(私が)「そんな番組を観てないで、新しい番組や(AKB48とかの)今風の番組も観ないと、世間に置いていかれる」とか「モテない」とか、言うじゃないですか。言われた時は、どう返していいか分からなかったけど、今は観てる番組はどうでもいいじゃんと思う。
 今のお笑いが面白いとか歌がいいとかでも、あまり観たいと思わない。歌も(聴くのは)古い歌とかで、僕にはSMAPまでしか入ってこない。(最近の歌も)聴いてみたいなと思うけど、その前に、番組に興味はあるけど歌に興味がない。お笑いでも、今風の(ダウンタウンの)浜ちゃんとかでなく、くりぃむしちゅーの上田さんの方が分かりやすい。(話してる横でCOWCOWの話しが出るが…)他のお笑いは分かんない。
 なんで今風のものを知らなければいけないのか、知らなくてもいいじゃない。(誰かと話しをしていて、)話しが続かなくても、そこで話しが終わっちゃってもいいじゃない。そこに突っ込まなくても。 ※(カッコ)は、私による補足です。

■「どうしていいのか分からない…。」Cさんひらめき
 (話しをきかれている)今の状態(がヤメて欲しい)です。(1対1の状況?、自分のことを話すのを求められているから?)、何をききたいのかが分からないから…。
 (話し出すのは難しそうなので、Cさんに私がよく言っている、自分の方から話しかけなくては…と言われて、どういうところが困っているかきいてみます) 自分一人で話しをすると(なると)、どうしていいのか分からない…。内容にも相手にもよります…。(Bさんは?)、ばり研で(メンバーが就職して)話しをする人が他にいなくて、話すのに慣れたので(話せる)。(私は?)、敬語になりますよね…。
 (この日、Cさん含め3人で行った忘年会の予約を、1人で行けと言われたら?)、パニクる。横に誰かがいれば大丈夫になる…。(通勤は1人でやってるよね?)、それは慣れたから。
 (話しかけずらいのは、相手のジャマしないようにと思う?)、ジャマしちゃいけないと思う時もある。(朝の通勤時の私とD君は?)、(ジャマしちゃいけないと)思うこともある。(休みの日にBさんを駅で見かけたら?)、プライベートのジャマしちゃいけないと思って、話しかけない…。 ※(カッコ)は、私による補足です。

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:05| Comment(0) | ばり研通信

2013年01月05日

【ばり研通信】住んでる家の「耐震」とやらに気付いてみる

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」149号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #45

* 住んでる家の「耐震」とやらに気付いてみる *

s130105.jpg この私の原稿が遅いので?、今回も、ばり研のメンバーで、どんなことを書いてほしいか話していただいたようです…(^^;)。で、編集担当のAさんから、「耐震ともう一つありますよね。それがどういう意味か書いてほしい…」との話しがありました。Aさんには、自分に関係のあることと感じでほしいので、「もう一つ」って何か聞き返しますが、思い出せなかったようで…、「免震」でした。そこで「耐震」は分かる?と聞くと、「地震で倒れないようにする…」とちゃんと返ってきますが、一応、「倒れにくくすること…」と付け足しておきます。
 もう一つ、建物の耐震基準の改正が何回かあるので、Aさんの自宅が、どの時期の基準の建物か考えてもらいます。築何年ぐらい経っているか聞くと、「お姉さんが8歳ぐらいの時に引っ越してきた…」とのことですが、お姉さんの年齢から8年を引くのは一人では難しいようでした…。さらに築年数から建築された西暦年を出して、それを昭和に変換して…とたどっていくと、どうやらAさんが生まれる2、3年前に建てられたようです。それは、昭和56年以前なので、いわゆる「旧耐震」基準で建てられている建物だろうと話しをしました。るんるん
          *
 さて本題です…が、以下の耐震等の内容は、主にさいたま市あたりの木造戸建住宅について、分かりやすい言葉で書いてます。建築物や土木構造物の、用途や構造・規模・地域などによってそれぞれ違ってくるので、正確な定義は皆さんで確認してくださいm(_ _)m。
 まず「耐震」です。大まかにいうと、現在は、建物が建っている間に起こる規模の地震(震度5強以下程度)で損傷が起きないことと、ごくまれに起こり得る規模の地震(震度7以下程度)で倒壊しないこと、です。倒壊しないというのは、地震時にその建物の中に居る人の命を、建物によって奪わないということです。ただし、住宅等の設計で想定する地震力は主に地震加速度によるのですが、日本の気象庁震度は、加速度の他に振動周期なども加味されるので、前述のように震度が明確に示されている訳ではありません…。

 その「耐震」のための方法には、主に4つがあります。1つは、地震力は水平力なので、その建物にかかる水平力による変形を抑える(水平力を地盤に返す)方法で、これが筋交いや耐力面材などで建物を固めることです。2つ目は、その水平力の一部を、建物の構造部材より変形しやすいダンパーなどで吸収し、熱エネルギー等に変換して逃がす方法で、これが「制震」です。3つ目は、地盤から建物に伝わる地震力をなるべく減らすように、地盤と建物の間の可動や変形によって、地震力を他のエネルギー等に変換して逃がす方法で、これが「免震」です。4つ目は、振動による物の崩壊は共振(振動周期が近いこと)による増幅が要因になるので、建物の振動周期を地震動の周期と共振しずらくする方法で、これは鉄骨造の高層建築物などでは重要な設計要素です。

 木造住宅のほとんどは、1つ目の「耐震」の考え方に基づいて設計されています。その基準がいわゆる「耐震基準」で、その中心的機能を果たすのが筋交いや耐力面材などの「耐力壁」、その「耐力壁」の種類や長さやバランスの検討が「壁量計算」です。この壁量計算等による耐震基準は、昭和25年に建築基準法が制定された当初から導入されており、その後、主に大きく3回改正されています。
 大まかにいうと、昭和43年12月23日の改正で、昭和25年基準の必要壁量が約1.5倍程度強化され、さらに、昭和56年5月30日の改正(耐震関係規定は6月1日施行)で、2階建て、3階建ての必要壁量がさらに約1.5倍程度強化され、面材耐力壁の考え方が導入されてます。この昭和56年の改正前に建築確認を受けている建物を「旧耐震」基準、改正後に建築確認を受けている建物を「新耐震」基準の建物と呼んでいます。さらに、平成12年4月1日の改正で、壁配置のバランスの考え方が導入され、基礎の仕様や軸組の仕口等(接合部)に取付ける補強金物の基準が強化されています。

 このようなことから、近年、「旧耐震」基準の建物の耐震改修や建替えが促されており、そのため耐震診断や耐震改修等の助成も、この「旧耐震」基準の建物が対象になっています。「旧耐震」基準のままの木造住宅の割合は、地域によってかなり違うのですが、さいたま市では約21万戸の木造住宅のうち約5万戸(約24%)が該当する(平成23年度)と推計されているようです。昭和56年5月以前築の2階建て、3階建ての木造住宅にお住まいで、改修や建替えの資金が見込める方は、耐震診断を受けてみてもよいのではないでしょうか。耐震診断だけを受けてもあまり意味がないので…。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 13:05| Comment(0) | ばり研通信

2012年11月30日

【ばり研通信】普段見ている?LEDとやらに気付いてみる

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」148号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #44

* 普段見ている?LEDとやらに気付いてみる *

s121130a.jpg 私の本業が忙しいのを理由に、今号のばり研通信の連載は、何について書いてほしいか、私の編集担当者のAさんに考えてもらいました。そしたら「エルディーディーってあるじゃないですか…」と、よく聞くとLEDのことを知りたいという話しが出てきました。何で?ときくと、帰りに大宮駅から乗る川越線のホームの、反対側に停まっている車両の車内が明るいので、どうしてか駅員さんにきいたら、LEDを使っていると言われたから…、とのことです。その車両の帯の色をきくと、緑ではなく青だと言うので、どうも、りんかい線の70-000形のようです。
 情報を探してみますが、70-000形の車内にLED照明は使われていないようなので、更新車の内装色が明るくなったので、年期の入ってきたJRの205系と比べると、明るく感じたのかもです。駅員さんは、車内ではなくて、LED化された側面表示器のことを言ったのかもしれません…。来年度から埼京線にも導入予定の、JRのE233系は、車内の照明がLED化されてくるのでしょうかね。電車

 で、LED(Light Emitting Diode)、発光ダイオードです。「電圧を加えた際に発光する半導体素子」で、その発光原理や光の波長の違いなどは、Wikipediaなどでみてください…m(__)m。一番単純で安価な、赤色砲弾型の発光ダイオードは、私は中学か高校の授業で、回路の実習か何かで使った記憶があります。
 ばり研のメンバーにLEDをどこで見たことある?ときくと、皆図ったように信号と答えが返ってきます。埼玉県の場合、都内のタイプと違って、歩行者信号は従来の信号とあまり違いがありませんが、自動車用の信号を見てLEDと思うそうです。運転しなくても自動車用の信号って見るのかなぁ…と思ってしまいます。
 なので、身近なトコでLEDを探します。Aさんの目の前、Aさんの電動車いすの充電インジケーターも赤色LEDです。Aさんが電動車いすに付けている前照灯も疑似白色のLEDですし、後方の赤色点灯もLEDです。と、説明しても、Aさんはピンとこないようです…。

 鉄道やバスは、今やLEDだらけです。電車の行き先表示、側面の行き先表示、車内ドア上の文字表示、駅ホームの列車案内…など。最近は液晶ディスプレイのモノが増えてきましたが、そのバックライトはおそらくLEDなのだと思われます。バスも、行き先表示、最新の車両は車内灯もLED化されてきました。
 電車の行先表示などは、当初は、橙や黄緑色のLED表示でしたが、最近はフルカラーといわれる、三原色の効果を利用して、様々な色を表現できるLED表示器に変わってきています。ただ、なぜだかバスの行き先表示は、まだフルカラーLEDが認可されてないそうで、そのため橙と黄緑による行き先表示なのだそうです。そんなトコも認可制なんですか…。ひらめき

s121130b.jpg その他で、ばり研メンバーが利用しているけど気付いていないLED照明の代表が、コンビニの天井照明です。特にセブンイレブンは、従来の蛍光灯の置き換えではなくて、専用のLED照明器具を通路に沿って配置しなおすという本気度です。普通は天井を見上げることって、あまり無いですが、ばり研メンバーさんも一度セブンイレブンの天井を見上げてみてください。るんるん

 このように照明器具としても普及し始めたLEDですが、今の時点では、消費電力と光束量の関係でいうと、蛍光灯と大差ないと私は理解してます。なので、LED照明で消費電力を抑えるためには、光の方向を少し絞って、目的の方向の照度を稼ぐという考え方が必要だと思います。
 LED素子は熱に弱く、放熱の悪い環境で使われると、寿命が短くなるそうです。素子を保護するための樹脂材料も光で劣化が進み、徐々に光の透過度が落ちるそうです。照明としては、30%程度光量が落ちて来ると、一般的に寿命といわれるそうで、その時間数としては、4万時間程度とされているようです。1日5時間点灯で約20年なので、計算上は、事実上交換不要ということです。
 長寿命蛍光灯も、寿命が2万時間に迫ってきて、10年間は交換不要となってきました。まだ、白色を表現するLEDは高価で、照明としては放熱の問題が意外と影響します。今後、蛍光灯と両立で普及するのか、蛍光灯までとって変わるのかは、高輝度な白色を表現するLEDが、蛍光灯の性能を上回り、価格を下回れるか…と、いうところで決まってくるのですかね。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 20:24| Comment(0) | ばり研通信

2012年10月17日

【ばり研通信】自分の意思で「見る」こと、判断すること

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」147号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #43

* 自分の意思で「見る」こと、判断すること *

s121017.jpg どんなに視力が良くても、自分の意志で「見る」ことをしないと、見えないんだなぁと感じています。目の網膜?には像が写っていても、そこからの情報を脳が取り出さないというか、利用しないって感じなのでしょうか。

 ばり研のA君も、2年ほど共に過ごす中で、少しそう感じるようになりました。A君は視力はとても良いです。でも目線がいく対象が、自分の意志というか動作と関係なく動いているように思えました。何をしていても、ほぼ自動的に?目線は人の顔にいってしまいますし、気になる音がすれば、そちらにいってしまいます。たとえ首の向きと違っていてもです…。ばり研に来ている時のA君は、人の顔、文字、食べ物の3つ以外は、ほとんど見えていなかったのでは…と思うほどです。

 手で作業するときは、ほとんど手先からの感触だけでこなそうとしていましたし、周りや人の様子を把握するのは、とてもよく聞こえる?耳からの情報で判断していたようです。車いすで進む動きは、こぐ手からと座っているお尻からの感触で、地面や障害物の状況を把握していたようですし、車いすで進む時は、前方をほとんど見ずに、直前の地面に目線を下げて、突進していく感じでした。これは、車いすをこぐという動作だけの訓練を受けてきたこともあるのでしょうね。目

 私の文章では珍しく?、上は過去形で書いてます。上のように思ったので、今年の4月頃から、A君と自分の意志で何かを「見る」練習をスタッフで取り組み始め、4ヶ月でかなり変わってきました。「見る」ことだけでなく「見える」ようにもなってきたようで、状況把握の手段が増え、自分の意志で判断したり行動したりの範囲が少し広がってきました。

 4月から何か特別なことをしたわけではなく、とにかく色々「見る」ことをしています。朝、待ち合わせる大宮駅でも、お店、人、看板、駅の設備、カフェ…など見つけてもらったりします。車いすの移動も、前を歩く人や自転車、車を見て避ける判断をするだけでなく、横にあるお店、商品、建物、道路脇、空…などを話しながら見ていってもらいます。バス移動中も窓から沿道のお店や人、車…などを見ています。ただ街の中でも、まだ風景はあまり見い出せないようで、どうしても文字を探すことが多いです…。

 ばり研の事務所や販売の動きだけでは行動範囲が狭いので、見たことがないモノを「見る」ために街歩きにも出かけます。上の写真は、大宮で街を歩きまわった後に、高島屋で物産展を見つけて行ってみた時です。物産展でも、各お店をまわって、話しながら商品や値段やお店の人を見ていきます。そこで興味も持ってほしいのですが、この時はまだ始めた頃だったので、個々のモノのことはあまり感じてなかったですねぇ…。モバQ

 今では、自分で道を判断して目的地まで行ったり、駅の帰り道でも、グルグル振り返ったりしてウルサイ私がどこから見てるか探したりしてます。「見る」ことができるだけで、自分の状況をかなり把握でき、判断の幅も広がったようです。耳と手先の情報だけでは、さすがに街は歩けないですよねぇ…。

 そんなA君ですが、引き続き、見たことを覚えて後で他の人に伝えることや、どこまでやって良くてどこからがダメなのか…など、気付いてもらうようにスタッフで動いています。中でも私は、会話がA君はあらかじめ自分で用意した台本でするものと思っている?のを変えることや、痛い、暑い、熱い、冷たい、ツラい…などを強く自覚して、自分でまずいと思う場合に他の人に表現できることを、少しでも気付いてもらえるといいかなと思って動いてます。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:25| Comment(0) | ばり研通信

2012年08月23日

【ばり研通信】空気感?が伝えたいんだけど…なかなか

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」146号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #42

* 空気感?が伝えたいんだけど…なかなか *

s120823.jpg OMIYAばりあフリー研究会ではブログをやっています。
http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。あるいは「ばり研」で検索してみてください。始めてから2年ほど経ちますが、がんばって?更新を続けています。るんるん
      *
 3年ほど前、ばり研のホームページを作ってほしいと頼まれまして、どんなホームページがいいか考えてました。様々な人に見ていただくとすると、ばり研はそこで何を発信するのが「らしい」かなぁと。見た目がスマートなサイトを作るのは違う気がするし、理念や活動紹介の文章を載せるのも違う気がしてました。
 ばり研は、やはりメンバーの動きというか迷い?というかスッタモンだ?…、の雰囲気というか空気感が伝わるのがいいのかなと考えます。そうなると、文章だけでなくて写真がたくさん載せられた方良さそうですし、雰囲気の臨場感?は、何かあった時になるべくその時に載せられるのが大事なように思います。それには、ページの体裁を気にせずに、中身だけをどんどん更新できるブログ的なものの方が良さそうです。
 当時はまだ、Twitterは使われ始めた頃で、facebookはほとんど知られていない頃でした。Mixiは知られていましたが、これらのSNSは、登録した人だけが見たりコミュニケーションできるので、限定した人たちで密なやりとりや議論をするもののように思います。ばり研のホームページは、まずは自分たちの動きを世の中にさらす?というか見てもらうことが最初かなと考えます。一方的に広く発信することを重視すると、SNSではないほ方がよさそうです。目

 もうひとつ、ホームページは、ばり研メンバーの仕事として、メンバー自身で更新できることが肝心です。不特定多数の人の見られることを前提に、日々の中で題材を探して、写真を撮ってリサイズし、タイトルと文章を考えて付けアップすることは、自分以外の人を意識する良い経験になると思います。ばり研のメンバーは、大半の人が携帯を持っていて、メールも写メも使えます。そこで、携帯から写真や記事をアップロードできるブログをホームページにすることにします。
 どのブログにするか、写真はどういうサイズにするか、タイトルや記事の書き方やレイアウトはどうするか、アップロードの方法は分かりやすいか…など、色々ためしてみます。携帯からのアップロードが複雑でないブログエンジンを選んでスタートして、そのまま続いています。メールに添付して送るだけというのが、簡単でいいようです。ただ、一度送ったものは携帯では修正できず、PCかスマホからログインする必要があります。そこはまだ、私だけがやっていて、写真のサイズミスや文字化けなどは直しています。これも、そろそろメンバーに任せようかと思っているのですが…、多少HTMLが分からないとというのがあって躊躇してます…。

 この連載を書いている時に、横にいたメンバーに、ばり研ブログをどう思ってるかきいてみました。「なんか新しいの上がってるかな」と「深夜とか電車の中とかで、ちょいちょい見る」ようだったり、「たまに家のパソコンで週に1回くらい見る」ようだったりだそうです。「もうちょっと頻繁に上げようよ」と思うそうなので、さっそく事務所の様子をアップしてもらいました…。が、「何を上げていいか分からなかったり、これと思っても写真が撮れなかったりする」のだそうで、なるほどです。「説明がないと他の人が見ても分かんない、身内だけが面白いようになっている…」と、言われるそうです。確かに…です。あるいは「〇〇がありました、が多いので、自分がどう思っているかとかをもっと…」と真面目な?意見も出てきます。う〜ん、空気感みたいなものが伝えたいんだけどなぁ…(^_^;)。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | ばり研通信

2012年07月27日

【ばり研通信】路線バスの乗降スロープの苦労?と改良

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」145号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #41

* 路線バスの乗降スロープの苦労?と改良 *

s120727a.jpg 4月末、大宮ふれあい福祉センターでの仕事帰りに、東武バスの新車の路線バスに乗りました。車いすを使っているA君との帰りだったのですが、乗降用スロープの収納方法が、これまでのバスと違っていました。
 バスが停まって、エアサスで縁石との高さを調整して、スライドドアが開くところまでは同じです。いつも乗るバス停は、歩道の高さの高い道路なので、ノンステップバスの場合は、バスを傾けずにスロープを渡すことが多いです。

 このバスもノンステップなのですが、ステップ下に引出スロープ板の収納口がありません。あれっと思っていると、運転手さんがカギを持ってきて、乗降口脇のロッカーのような収納ボックスを開けています。ボックスの中には、折り畳まれたアルミ製のスロープが収納されていて、それを持ち出して歩道とバスに渡し、車いすの人などの乗降をするようです。乗降が終わると、スロープを畳んでボックスに収納し、カギをかけていました。目

 乗ったバスは中型車で、ジェイ・バスグループの日野自動車の「日野レインボーII」(いすゞ自動車製OEM)です。メーカーのサイトを見ると、ノンステップは、このボックス収納式のスロープが標準仕様のようです。てことは、東武バスが購入するバスの仕様を、今年から?変更したということのようです。
 ちなみに、もうひと回り大きい大型車の「日野ブルーリボンII」も同様の仕様なので、東武バスの大型車ノンステップも、このボックス収納式のスロープになるのですかね。

 サイトを色々みると、ボックスに収納されているスロープは、よくある二つ折りの単純なタイプで、スロープ有効幅は、ドア幅に合わせて840mmもあるようです。
 ちなみに、ワンステップは、これまで通りの手動引出スロープ板で、ノンステップにも、手動引出スロープ板はオプション仕様であるようです。手動引出スロープの有効幅は、ドア幅によって760mmと800mmの2種類があるようです。バス

s120727b.jpg ボックス収納式スロープは、カギの管理と開け閉めはありそうですが、スロープ自体は単純で、不具合が起きる箇所は少なそうです。
 これまでの乗降口ステップの下に収納する手動引出スロープ板は、車体につながっている上に、リンク機構やカバーやロックなどの稼働個所が多く、不具合が起きる可能性が高いように思います。また、ノンステップの場合は、そのスロープ収納口が屋外に出ているため、より傷みやすいように思います。ワンステップだと、スロープ収納口は車内なのですがね…。

 運転手さんが、手動式引出スロープ板の出し入れに苦労することは、けっこう出会います。ただ、以前のように、スロープの不具合で乗降できない…というのには、出会わなくなりました。ボックス収納式のスロープで、運転手さんの苦労が減るといいかなと思うのです。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 11:07| Comment(0) | ばり研通信