2012年06月17日

【ばり研通信】駅ホームからの転落を、メガネから考える

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」144号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #40

* 駅ホームからの転落を、メガネから考える *

s120617.jpg Aさんは「目が悪い」といわれています。本人にきくと「右目の視野が狭いといわれ」「遠くは見えない」そうです。視力は左右とも「0.02ぐらい」で、過去に景色がハッキリ見えた記憶は無いそうです。生まれつき近眼のような状態なのかもしれません。
 学生の時は、メガネを使った「記憶はなく」、「資料を大きく書いてもらって」それで勉強していたそうです。卒業した後も、ばり研には、ずっと裸眼で通っていました。

 ですが、4年前ほど前、Aさんは初めて?メガネを作っています。作ろうと思ったきっかけは「覚えていない」そうですが、「ノイエの人に言われて」作ったかもとのことです。普段通っている眼科で視力を計り、その隣のメガネ屋で作ったそうです。Aさんの視力は、測定機器で測定されたようですが、その矯正レンズをかけても「C」だと見え方の違いを、あまり見出せないようです。
 メガネ屋へは、「たぶん親かな…」と行ったそうです。その時作ったメガネは、レンズは「近眼」用で視野矯正などは「入っていない」もので、フレームは「自分で選んでない」金属タイプのものです。最近分かったのですが、このフレームは少し小さめのサイズで、なぜこのフレームが選ばれたのかは、Aさんは分からないそうです。

 こうして作ったメガネですが、「1、2回ぐらいかけただけ」で、その後、ずっと使わなかったそうです。昨年末に転落事故があり、ばり研に来る時は、再びメガネをかけることが条件になりますが、2週間もすると、またメガネをかけるのを一人でやめてしまいます。

 なぜそこまでメガネをイヤがるのか、聞いてみます。「かけてもかけなくも同じと言われてるから」と言います。視力が変わっているので、同じではありません。目は見えているのですが、その見えている情報を取り出したり、使うことができないのではと、Aさんに話します。
 「かけなくても『生活』ができているから」と言います。その『生活』とは何かと聞くと、「危ないかどうか判断できていること」と答えます。判断が足らなかったから転落したわけで、道路で車をうまく避けられないのも、道路端の判断が足らないからではと、Aさんに話します。
 「めんどくさいから」と言います。何が「めんどくさい」のか聞くと、「かけるのが」と言います。かける時に耳がうまくいかないそうで、それは朝ヘルパーさんにかけてもらい、そのまま夜までかけていればと、伝えます。

 「四つ這いをすると落ちそう」とも言います。落ちそうなのやズレるのは、スポーツ選手でもメガネをかけているので、対策は色々あります。ばり研のBさんやCさんのメガネは、落ちにくいよう耳掛けを付け足しています。
 落ちそうに思っていることを、メガネ屋さんに伝えているかと聞くと、そうはしていないようです。Aさんと私でメガネ相談をした別のメガネ屋さんの話しでは、Aさんのメガネは、フレームもレンズもAさんに対してやや小さく、落ちるなどの対策がしずらいのだそうです。その時に、紛失防止ヒモの使い方を教わったり、耳掛けに付けるパーツもいただいたのですが、メガネのサイズがネックのようです。また、メガネは曲がったり緩んだりするので、そう感じたらすぐにメガネ屋に行って、調整してもらうよう教えてもらいました。

 Aさんと話しをしても、メガネをかけなくていい理由は見当たりません。逆に、メガネをかけて、実は目から見えている情報をキチンと取り出し、必要な情報を見つけ出せるよう、慣れた方がいいのではと、Aさんに話しました。ホーム端や道路端を、景色からの勘?ではなく、自分の目で見て確認できる方がいいと思います。
 ふと、Aさんが文字をほとんど知らないのは、手の不自由で本や教科書を開かず、極度の近眼でもメガネをかけないので黒板やテレビの文字も見えずで、今まできてしまったのかな…と思ってしまいました。別に、文字を知らなくても生きていけるのですが、それが自分の意志だったかどうか…、考えてしまいますモバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | ばり研通信

2012年05月12日

【ばり研通信】駅ホームからの転落を、ホームの状況から考える

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」143号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #39

* 駅ホームからの転落を、ホームの状況から考える *

s120512a.jpg [A]の写真は、さいたま新都心駅の2番線(京浜東北線大宮方面)ホームです。ばり研メンバーのZさんが転落した、階段脇付近のホームです。張り出している橋上駅舎の柱と誘導ブロックとの間は40cmくらいです。柱の左側には、改札へ上がる階段があります。柱の無い場所では、階段と誘導ブロックとの間は130cmくらいありそうです。

s120512b.jpg [B]の写真は、[A]と同じ島式ホームの反対側、1番線(京浜東北線浦和方面)の階段脇です。柱はありませんが、階段と誘導ブロックとの間は80cmくらいです。この80cm幅は、階段のある範囲、7mくらいの長さの間ずっと続きます。
 どちらの写真も、さいたま新都心駅が比較的空いている時間です。終点の隣駅のため、あまり混雑しないホームですが、それでも時間帯によっては、写真の場所にも電車を待つ人が立っています。

 車いすでホームを移動する場合、通りやすさでは[A]も[B]も、あまり大差ないように感じます。階段脇を通る際、電車の入線時には、発車(または停車)を待つ必要があるのも同じです。Zさんの転落時も[A]の撮影時も、ホームの浦和寄りに移動するルートとして、駅員さんは2番線側を誘導しています。
 島式ホームの階段脇が狭いのは、ホーム上の長い距離の移動が、想定されていなかったからではないかと思います。近年のバリアフリー対応で、ホームにエレベーターができ、車いすやベビーカー利用の方が、ホーム上を移動するようになり、階段脇の狭さが表面化してきたように感じます。目

s120512c.jpg そこで、ホーム上を移動せず、エレベーターの位置から乗車すれば、と考えます。Zさんの時も[A]の撮影時も、目的駅は大宮駅です。ところが、大宮駅のエレベーターは、ホームの浦和寄り端部にあります。さいたま新都心駅で階段脇を避けても、大宮駅で[C]の写真の階段脇を通らねばなりません。大宮駅の柱と誘導ブロックとの間は50cmくらいで、さいたま新都心駅と大差ありません。一方、大宮駅は終点のターミナル駅なので、ホームは比較的混雑しています。これら考えると、大宮駅での移動を少なくする判断の方が、少し安全側になるのかなと感じます。電車

s120512d.jpg ところで、さいたま新都心駅のホーム広さですが、新しい駅なので、島式の既存駅の比較の中では広い方のホームだと思います。都内には、[D]の山手線高田馬場駅のような、古くからある狭いホームが多いです。高田馬場駅の乗車人員は、さいたま新都心駅の5倍くらいですが、島式ホーム自体の幅はずっと狭く、西武線への乗り換え階段の脇は、柱と誘導ブロックとの間は10cmくらしかありません。高田馬場駅を利用する車いすの人は、おそらくこの階段脇を通らなくて済む号車に、乗車しているのではと思います。
 鉄道用地に余裕は無いので、ホームを広げることは難しいでしょう。ホーム上の改良では、エレベーターとの関係で、階段幅を狭めて、車いすの人とかが通らねばならない階段脇を広げる方法は、可能性がありそうです。ですが、乗降客数の多い駅では、旅客がホームに溜らない階段幅の確保の方が、安全管理の面では優先されるように思います。

 都市部で、理想的な設計条件で駅ホームが新設できることは、もうなかなか無いと思います。車いす利用の人の転落の可能性を下げるには、現状の駅のホームとエレベーターの位置と組み合わせの中で、個々のホーム上の移動のケースを、乗客側の意識と誘導側の工夫を常に積み上げて改善していくことが、現実的な最善策のように感じます。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | ばり研通信

2012年03月30日

【ばり研通信】ハウスからの新たな通勤ルートを覚える#2

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」141号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #37

* ハウスからの新たな通勤ルートを覚える#2 *

s120330.jpg 前号からの続きで、ばり研メンバーのAさんが、新しく住み始めたケアハウスから、仕事への通勤を覚える様子の続きです。今回は、帰り道です。
       *
 Aさんは、大宮ふれあい福祉センターでの仕事を終えると、帰りも歩いて大宮駅へ向かいます。朝の時と同じ調子?で、来た道を歩いて、そして走って…戻って行きます。
 大栄橋をくぐったあたりから、夕方の帰宅のなどで銀座通りもけっこうな人混みです。Aさんは、人混みはお手のもののようです。走らないのはもう当然として、すれ違いや追い越しでも、ぶつかるとか流れを大きく乱すようなことはありません。様々な方向に大勢の人が流れている大宮駅でも、進む方向を見失わず、人混みをかいくぐるような感じで、先に1人で行っても券売機の場所へちゃんとたどり着きます。初めの1、2回は、人混みの中を誘導して券売機の場所を伝えたり、パンフを探しに行きたいというのを却下したりしてました。私の時は、1人で行けるようになるまで、土呂駅の改札を出るところまでは、真っすぐ帰ることにしています、なので、券売機へ直行です。

 朝の時と同じに、券売機で切符を買って改札を入ると、少し難関があります。私の時は、南側の改札を入るので、デパ地下のようなエキュートの中から、宇都宮線のホームへ降りる階段やエレベーターを、見出さなくてはなりません。今のところ、改札から近い階段は分かっていそうですが、奥に進んだ所にあるエレベーターは、微妙な感じです。エレベーターでホームに降りたい?時は、どっちだっけ?という感じできいてきたりします。
 どちらかでホームへ降りるとそこは、土呂駅へ行く宇都宮線の9番線と、Aさんの実家の桶川駅へ行く高崎線の8番線が、向かい合うホームです。最初のうちは、間違えないようホームをあまり移動せず、9番線側でジッと待つということをしてました。今では間違えそうな気配は無く、車掌さんのいる運転席の見える最後尾のドアに、自分で並んで乗ったりもします。土呂駅は、快速は停まらないのですが、幸い普段帰る時間帯は9番線に快速が来ません。なので、来た普通列車に1駅乗って土呂駅で降ります。相変わらず、車中、何で次の駅を判断しているのか?ですが、どんなに運転席に夢中でも、ちゃんと降ります。
 乗ってきた列車を見送って、歩きながら他の列車の音を聞きながら改札に向かいます。ホームに座って、もう少し列車の音を聴いていこうよ?という誘いもありましたが、真っすぐ帰るうちは、立ち止まらないで改札まで行きます。

 私の時は、土呂駅の改札を出れば、そこからは自由?ですが、あまり帰り道と違う場所へ寄るのは、ダメにしています。なので、Aさんは、土呂駅で列車の載っているパンフで5分ほど?迷い、少し前はキオスクでいつものコーヒーを買ったりしてました。最近は、キオスクはホットになってしまったので、たまに途中のコンビニで買って帰ります。Aさんは、ばり研でコンビニには慣れてるので、私は外で待ってます。こうなると、左手にチラシ、右手に缶コーヒーという姿で、ケアハウスに帰って行きます。ケアハウスへ曲がる道も、初めはひとつずつ確かめ探しながらでしたが、今は、曲がる角は全く迷いません。
 ケアハウスの近くまで来ると、たいがい、じゃあここでと言われます。なので、そこで別れます。ただ、洗濯物などがあって、Aさんが自分で出して言うようにしているものの、若干不安なので、ちゃんと出せよとハウスの人に聞こえるように言う程度に寄ったりはします…。Aさんは、あまりハウスには寄ってほしくないようなので、私は、中に上がらないことにしています。電車

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 18:10| Comment(0) | ばり研通信

2012年02月24日

【ばり研通信】ハウスからの新たな通勤ルートを覚える#1

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」140号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #36

* ハウスからの新たな通勤ルートを覚える#1 *

s120224.jpg ばり研メンバーのAさんが、JR宇都宮線土呂駅近くの、アパートを利用したケアハウスで暮らし始めました。そのケアハウスでの生活は、今号の後半のメンバーのページに任せるとしまして、私は、その新しい住まいから仕事への通勤を覚える様子です。
        *
 私がいっしょに通勤する日は、大宮ふれあい福祉センターで「人力車」の販売の仕事をする日です。ばり研の活動は大宮駅を中心に動くことが多いので、まずハウスと大宮駅の行き帰りを覚え、大宮駅から各活動場所へ向かうことを基本にしています。なので、ふれあい福祉センターへも、大宮駅から歩くルートから覚えてもらいます。
 以前のこの連載5〜10「高崎線に乗って帰ってく」の時の、仕事が終わって家に帰る自由な?帰り道と違って、今回は通勤ルートを覚えるのが目的です。Aさんに魅力的な?大宮駅でも寄り道はせず、出勤時間などに間に合うよう真っすぐ行きます。いずれ1人で通勤するようになったら、帰りなどは寄り道するんだと思いますが…。

 ケアハウスから土呂駅までは、道順も単純で歩いて3分ほどです。私といっしょの初日でも、すでに教わって道順は覚えていて、迷うことなく駅まで行きました。途中、信号の無い横断歩道がありますが、Aさんは左右の車の接近を判断して渡ることは、以前から身についてます。
 土呂駅は階段を上って行きます。まだエレベーターの存在には気づいていないようです。定期をまだ持っていないので、券売機で切符を買って列車に乗ります。券売機は以前からやってるので、タッチする金額だけ示せば、あとは自分で買っています。自動改札に切符を通すのは慣れたもので、そこからホームに下りるのは、階段だったりエレベーターだったりします。
 土呂駅は島式ホームなので、同じホームに上り下り両方の列車が停車します。最初のうちは、上り電車側に誘導して並んで待つようにしてましたが、最近では、間違って反対方向に乗るような気配は、全然ありません。大宮駅までは1駅なのでスグですが、大宮駅で降りないような感じは最初からありません。さらに、列車が混んでいても多くの人が降りるので、1人でも降り損なうことはあまりなさそうです。

 様々な列車が通る大宮駅は、Aさんにとって魅力的なようです。最初のうちは、なかなかあきらめがつかなかったようで、改札付近でだいぶ待ちましたが、最近は、乗ってきた列車を見送ったら、他の列車の音は立ち止まらないで聞きながら?歩くっていうので良くなったようです。
 大宮駅の改札を出ると、もうひとつ魅力的な、列車の写真が載ったパンフがたくさんあります。それを探して持って行きたいAさんですが、朝は真っすぐ時間までに行くのが大事なので、却下してます。最近では、朝はパンフに寄る気配はありません。逆に、私がいつもキオスクでお茶を買うので、買うんでしょって促して?、待っててくれます。自分の好きなコーヒーは、そこには無いようで、Aさんは買いません。

 大宮駅からふれあい福祉センターへは、Aさんは以前に、歩いて通っていたことがあるそうです。私とは1、2回行った時点で、行く場所とその道順が過去の時と同じと分かった?のか、20分ほどの道のりを迷わず歩いて行きます。正確には、けっこう走りながら行きます…。歩きながら、おしゃべりの代わりのリズムや、「イチ、ニ」の掛け声、「あれは?」と聞き答えしながら、道幅の細い道を行きます。車が来ても、普通に端に避けてやり過ごしてます。今では朝の行きの通勤は、切符を買うトコ以外は、1人で全然行けそうなくらいです。
 …夕方の帰りは、来月に続きます…m(_ _)m。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 16:29| Comment(0) | ばり研通信

2012年01月23日

【ばり研通信】片手でヒョイッと持ち上げられる…

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」139号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #35

* 片手でヒョイッと持ち上げられる… *

 昨年の10月7日に、ばり研http://blog.goo.ne.jp/neue-blogで「国際福祉機器展H.C.R.2011」へ行ってきました。そこで、展示会へ行った面々に、[Q1]特に気になったり印象に残ったモノやコトやヒトなどは何?…と、[Q2]それをどうして見ようと思ったの?、見てどう思ったの?…などを、きいてみました。なるべくその人が話した言葉のままで、紹介してみます。るんるん
         *
A君
Q1「バイク見たのを覚えてる。車イスがバイクみたい。」
Q2「バイクが乗りたいから。楽しくって…。」

B君
Q1「福祉車両が印象に残ってます。バリアフリーになっているところがすごい。(具体的には)『ポルテ』、『レガシー』、『キャラバン』、『ハイエース』。」
Q2「車好きなので、どんな車なのかを見てました。」

Cさん
Q1「車イス用のカッパ。ポンチョ型じゃなくスッポリタイプ。後ろのチャック式。テントみたくしたカッパ。」
Q2「カッパを探してたんだけど、あったんだけど、後ろのチャック式だったので、到底ムリだなと思った。」

Dさん
Q1「プ、リ、ウ、ス♪。」
Q2(ウンウン…)

Eさん
Q1「すっごい人だかり。人が並んでいたので…。(その手すりは)見れなかった…。」
 「介護のバリアフリーの手すり。お風呂の湯船に入るための手すり。壁にくっつけたり。」
Q2「片手がしっかり使える使い勝手。資料をもらってきた。」

Fさん
Q1「お昼を持ってこなかった。おごってくれたの。おにぎり、キュッキュッキュッて。あーおいしかった。唐揚げ。家庭の味みたいで、おいしかったですねぇ。」
 「家庭のもの。こーんな(縦)形。握るみたいなの。」
Q2「ちゃんと設計されているんだなぁ。家のはこう(横)で、手がこうだけど、見たのは縦だった。」

s120123.jpgGさん
Q1「パンテーラの、すっごい軽い車イス。片手でヒョイッと持ち上げられるっていうのが魅力。約74万円。」
Q2「買う気はないけど、パンフもらってきた。もう高くて、パンテーラはもう買えない…。後ろ髪を引かれる思いで、その場から立ち去りました…。」

Hさん
Q1「いやに業者向けになったなぁ。去年までは、一般客向けに、見ても楽しいというのがあったけど…。」
 「紙タオルみたいなタオル。小さいのと大きいのともらった。」
Q2「D(さん)のタオルが欲しかった。汚した時に、慣れてない人でも、どうにかなるかなぁと。でも、まだためしてない。」

Iさん
Q1「『箸ぞうくん』。毎年、1本づつ買ってるんですよ。うちのおやじ(さん)が、右利きだったのを、脳梗塞を患ってから、左で食べるようになったので。(『箸ぞうくん』の)左利き用が使いやすいんで。」
Q2「(きいたら、『箸ぞうくん』は)2月に改良して、先を細くするんですって。その理由が、しなりが無いという声があったので…、というんだけど、使いにくくなるんじゃないかなぁ。福祉は(動きが)全然遅いし、的がズレている…。」


Q1 洗濯物干し角型ハンガー『いちどにありがとう16』
Q2 分かりやすい実用的なアイデア満載に興味。片手だけで、洗濯物が干せるように、開いた状態も保持できる洗濯ばさみや、一度に複数の洗濯ばさみを開放できるレバーなど。やってみたけど、完成度もけっこう高い。しいていえば、もうひとまわり大きくて、ハサミの数や配置が実用的になると…。目

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 20:33| Comment(0) | ばり研通信

2011年12月10日

【ばり研通信】協力して進める、話し合って決める…こと

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」138号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #34

* 協力して進める、話し合って決める…こと *

s111210.jpg 半年くらい前、ばり研のメンバーや勤めている方々と話していて、一人ではなく、何人かの共同作業で1つの答えを出すということが、けっこう苦手なことに気付きました。一人で何かをするというのは、皆それなりにこなすのですが、協力してとか話し合って決めるとなると、とたんにダンマリになってしまいます。
 自分の一存ではなく、様々な人と話しをしながら、自分の考えや状況(分からない…など)も他の人に伝えつつ、集まりの中で作り上げていくような経験は、あまり無いようです。多少コミュニケーションに障害があったとしても、自分の一存で仕事を進めて良いことはありません。仕事だけでなく社会生活も、一人だけでやることはほとんどない気がしますし…。目

 なので、一対一の対応だけでなく、グループで何かを決めていく練習を、ばり研でやってみることにしました。いつもの活動の中では、翌月のローテーションを、メンバーでどうしたいのか出しあい調整して決めることや、販売の準備や休憩のとりかたを、メンバーで話して決めて行動することをやってみます。

 さらに8月、さいたま市がキャッチフレーズを募集していたので、それを題材にグループワークをやってみました。最初は、各自が思う、さいたま市の良いトコや特徴を出し合います。思ってるのとは違う?教科書的な言葉や、障害者病?なのか良いトコより悪いトコが出てきます。それでも時間をかけると、なんだかんだで40コぐらいはあがります。
 次に、その中でどれに共感できるか、意見を出し合っていきます。自分のコトだけ?のメンバーに、他の人の考えに興味を持ってもらうことでもあります。やはり時間はかかりますが、メンバーの考えてることが少しずつ見えてきます。車イスなど街の中での「移動」に意識(苦労?)があるメンバーなので、そういう視点から、さいたま市の良いトコに共感するのは、私にはなるほど!…です。
 最後は、共感の集まったテーマに絞り、フレーズにしていきます。さすがに、このあたりは難しいですが、メンバーがポッと言ったいい感じのフレーズをそのまま入れて、特徴あるキャッチフレーズができたように思います。

 と思ったのですが…、このグループワークに参加していない人に、どうやって考えたのか説明するとなると、なかなか難しいんですかねぇ…。時間がない時でバタバタしたこともあるのですが、応募も、気持ちを伝える上で大事なキャッチフレーズを説明する欄を、何も書かずに出してしまう感覚に、がっかりしてしまいます。やはり、自発的なものや必然性がないと、単にやらされただけなんでしょうねぇ…。ですが、あきらめませんよぅるんるん。◇

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 21:38| Comment(0) | ばり研通信

2011年10月10日

【ばり研通信】ばり研へ、どうして「仕事」しに来るの? その2

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」137号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #33

* ばり研へ、どうして「仕事」しに来るの? その2 *

s111010.jpg  前号からの続きです。ばり研メンバーに「ばり研に行かなくたって…、仕事なんかしなくたって…」と聞いて、少し見えてきた、ばり研での「仕事」に対するそれぞれの思いです。
     *
 Eさんは、本当は家に1人でいるのが好きなのだそうです。でも、今は家で1人にはなれないので、あまり家にいたくないそうです。また、普段もできるだけ「ほっといて欲しい」そうで、仕事などで、マンツーマンのようにべったり付かれるのは、「絶対イヤ」だそうです…。なので、Eさんがばり研に来ている理由には、ある意味「ほっとかれたり」、「勝手気まま」だったり、帰りも「ブラブラできる」、ばり研のキャラクターによるところが大きいようです。また、仕事などの用事が無く、大宮あたりをブラブラしてると、「カッコがつかない」面もあるようです。
 Eさんも、勤めた経験があるのですが、「自分のレベルをはるかに超える」1年間の仕事で、精神的に限界?だったようです。再び勤めに出ることは、「また戻ってきそう」で「まだちょっと考えられない」そうです。どうしてそう思うか聞くと、人付き合いの部分が苦手で、特に「上の人と話すのがダメ」とのことです。仕事などで、ほっといてもらう(=任せてもらう)には、必要な時に必要なことがキチンと伝えられると良いんですよねぇ…目

 Fさんも、家に1人でいるのは好きなのですが、今は、家にあまりいたくないのだそうです。Fさんはてんかん発作をもっているので、1人の時に倒れる心配のために、仕事に行くお父さんが、近所の方に様子をみてもらうよう、頼んでいるのだそうです。Fさんは、様子をみてくれることは「ありがたい」と思いつつ、頼まれてしまうと「落ち着かなくなる」面もあるようです。ご近所付き合いは、お父さん抜きの方が、やりやすい場合もあるらしいです。
 Fさんが、少し距離のあるばり研まで通ってくるのは、地元であまり働きたくない面があるようです。同世代の人たちは、仕事や結婚して子どもがいたりで忙しくしていて、自身の身体の不自由もあり、「恥ずかしい」と思うのだそうです。Fさんも、会社へ勤めた経験があるのですが、また勤めるかどうかなどは、自身や家族などそれぞれの思いがあるようで、こうするとは、今は、なかなか言えないようです。

 G君も、ばり研に「仕事」に来ているようです。どうしてばり研に来ているのかは、「分かりません、教えてください」(説明できない?)とのことです…。でも、ばり研が終わると「ホッとする」そうです…。

 さて、そんな私は、どうしてばり研に来ているのでしょう。ばり研とそこからつながる人や、販売で出会う人と、興味を持って話をしてみよう…、話ぐらいできるようにならねば…、と思ってます(^^;;)。また、話をするだけでなく、世話焼きなおっさんとして、メンバーなどに、伝えることがありそうだからかもです。もちろん、臨時的な収入や、本業への営業的つながりも期待してますよんるんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 21:05| Comment(0) | ばり研通信

2011年09月01日

【ばり研通信】ばり研へ、どうして「仕事」しに来るの? その1

「ばり研」は、http://blog.goo.ne.jp/neue-blogです。
以下、「ばり研通信」136号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #32

* ばり研へ、どうして「仕事」しに来るの? その1 *

s110901.jpg この原稿を考えてた時、ちょうど埼玉県庁での就労実習の報告会があって、「仕事」気分が盛り上がってました。そこで、ばり研メンバーに「仕事」のことなどを聞いて、ネタ探しをしてみました。
        *
 「ばり研に何しに行ってるの?」と聞かれたら何て答える?と尋ねると、皆、判を押したように「仕事」と答えます。まるで、そう言わなければならないかのようです…。では、その「仕事とは…」となると、具体な内容になってしまい、「仕事とは」と考えるのは難しいようです。そこで、「ばり研に行かなくたって…、仕事なんかしなくたって…」と聞いていくと、ばり研での「仕事」に対するそれぞれの思いが、少し見えてきました。目

 Aさんは、「会社に入らないと、世間が認めてくれない」と考えています。なので、Aさんも、「無理かもしれないけど、就職みたいな…」ことを、目標にしてるそうです。
 ばり研に来ている理由は「楽しい」からとのことですが、何が「楽しい」かと聞くと、一つは「収入」なのだそうです。自分で色々買えるだけなく、ボーナスで甥っ子さんにお寿司をごちそうして、「ごちそうさま」と言われるのも「楽しい」そうです。ただ今年は、ボーナスに反映される?イベントでの販売の中止が多く、ボーナスが減るのでは…と、危惧してました…。モバQ

 Bさんは、家にいて「のんびり」するのは「ダメ」(苦手?)なのだそうです。ばり研に来ているのは、「他に行く場所が無い」からと言いますが、Bさんは過去に勤めた経験があるので、「またハローワークに行こう」と思っているそうです。ただ以前は?、立ってるのがダメだったり、通勤できなかったりなどで、就職に至らなかったそうです。
 ばり研の販売の時、Bさんは、いつもレジの前に座っています。レジ打ちがやりたいのかな?と聞くと、「できればやりたくない」そうです。でも、レジ前と他のイスの両方が空いていても、「クセで」レジ前に座ってしまうそうです…。Bさんは、何も作業しないで座っているは、苦手なんでしょうねぇ。いい気分(温泉)

 Cさんは、お母さんに「家でゴロゴロしてないで働きなさい」と言われたことと、また病院生活に戻らないために、作業所へ行くようになったそうです。でも、作業所は1カ月で辞めてしまったそうです。ノイエ(ばり研)には、週2日ですが1年以上来ているので、違いを聞くと、「色々な人とおしゃべりできる」のが「楽しい」からとのことです。

 Dさんは、ばり研で何しているの?仕事?、ばり研には来たいの?、来たくない?、と聞いていくと、全てタテに首が動いてました…。そんなことより、リズムで話をしようよ…って感じでした…。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 21:44| Comment(0) | ばり研通信

2011年07月31日

【ばり研通信】「おつり」と「お金」と「暗算」と

以下、「ばり研通信」135号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #31

* 「おつり」と「お金」と「暗算」と *

s110731a.jpg ばり研に通って1年が経過したA君は、自動販売機で好きに飲み物を買うようになっています。最近はどうも、コーラがブーム?なようです。ですが、自販機で買うようになった頃は、出てきた「おつり」を取ることをしませんでした。説明が得意でないA君なので理由は定かでないのですが、飲み物が買えた時に、余ったお金が返ってくるということを知らなかったのかもしれません。飲み物の値段と自分が投入した金額の把握は難しいので、ボタンのランプが点けば必要なお金は入れたと理解しても、必要以上に投入しているとは、なかなか思わないのかもしれません。
 他にも、おつりの「お金」よりも、出てきた飲み物の方の欲が優ってしまうのかなとも思っていました。でも、A君は「お金」が大切なモノ?というのは分かっているようで、テーブルに計算中の「お金」が置いてあると、自分の財布にしまおうとしてみたり、買い物で「お金」を出してと言われると、安い小銭から出そうとする気がするのですが…。目

 ばり研歴10年のBさんも、ノイエに来るまでは「おつり」のことは知らなかったそうです。ノイエから一人でコンビニなどに買い物に行っているうちに、分かるようになったそうです。自分ではお財布からお金が出せないので、店員さんにお財布からお金を出してもらい、「おつり」も入れてもらうことが多いようです。なので最初の頃は、自分がいくら出して「おつり」がいくらかなどは、あまり意識がなかったようです。
 そこで、お財布にいくら入っているか分かっているかきいてみました。さすがに今では、金額はだいたい分かり、お財布も毎日チェックしているそうです。なので、持っている金額以上に買ってしまうことはないようです。ファーストフード

 ばり研では、人力車やピアショップの販売で、メンバーがレジを担当しています。販売での「おつり」計算をイメージして、レジ担当するメンバーに少し暗算に付き合ってもらいました。そうすると、繰り上がりや繰り下がりや桁数など、頭の中で処理することが2つ以上?になると「パニックってしまう」とのことです。ですが、私も暗算は得意でなく、よく間違えるので、頭の中での処理の難しさは同じような気がします。学校でやたらと暗算や計算をやらされた私と違って、あまり暗算をしたことがないから、うまくできないだけような気もしますが…。
 といいながら、実際の販売ではレジや電卓を使えばいいので、全てを暗算で計算することはありません。レジや電卓の操作を楽にするために、ごく簡単な暗算を混ぜながら計算するくらいです。レジや電卓の使い方は、担当するメンバーはすぐに覚えて操作してるので、暗算よりはレジや電卓操作の方が簡単ということでしょうかね。時計

s110731b.jpg そんなばり研メンバーの中には、ちょっと大きい500円玉を出せば、色々買えると思っている?Cさんもいます。Cさんにも「13−5=?」って暗算をお願いしたら、「はんば〜い!」と返ってきました。数字の計算らしきものは、販売なようです…。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 14:31| Comment(0) | ばり研通信

2011年06月24日

【ばり研通信】大きなカサとバイクカバーに守られて

以下、「ばり研通信」134号より、一部、修正して掲載してます。
-----
とりあえずいってみますかぁ♪ #30

* 大きなカサとバイクカバーに守られて *

s110624.jpg 電動車イスは、街の中では、その大きさや重さをそんなには感じないのですが、自宅ではたいがい置き場に困ります。靴を脱ぐ日本では、自宅の中まで電動車イスで移動して生活できる住宅は、なかなかありません。電動車イスで生活できる住宅は特別なものになるため、同居する人や予算など様々な条件が解決しないと、実現は難しいのだと思います。なので、電動車イスを利用する方は、自宅では手動車イスに乗り換えたり、車イスから降りて生活している人が多く、玄関などに電動車イスを置いているのだと思います。目
 *
 そこで、ばり研のAさんの例を紹介します。Aさんの自宅は、一般的な木造2階建ての住宅です。やはり、自宅に車イスで入ることはできないので、室内は電動車イスから降りて、いざって移動しています。

 Aさんは、外出から帰って来ると、道路から縁石を上るスロープを通って門へ入ります。玄関は、段差と広さの関係から電動車イスは入れないので、Aさんは、建物と塀の間を通って庭の方へまわります。その庭に面した縁側に電動車イスを横付けして、縁側から家の中に入ります。電動車イスの乗り降りは、自分だけではできないので、ヘルパーさんなどに手伝ってもらって、どこならできるかを考えて、スペースのある縁側になったのだそうです。ただ、この縁側は、Aさんの部屋とは離れています。Aさんの部屋にも、掃き出し窓があるのですが、その前が車を停める車庫のため、電動車いすを置いておくことができないのだそうです。

 Aさんが家の中に入った後、電動車イスは、その場所で写真のような姿になり、次の外出まで置かれます。バイク用のカバーをスッポリとかぶせ、その上に大きなカサを差してあります。11年くらい前に、電動車イスが完全に覆えるカバーを探したところ、バイク用のものしかなかったのだそうです。カバーの上には、飛ばされないように木片を載せておきます。台風などの時は、さらにカバーをヒモでしばったりするそうです。今までに、カバーがはがれてしまったことは無いそうですが、座るシートが濡れてしまったことはあるそうです。

 大きなカサも、毎日差してあるのだそうです。この電動車イスを置いている場所は軒下からはみ出していて、雨がたくさん降ると、電動の部分はカバーだけでは「やばい」のだそうです。カサは、風で飛ばされないよう、持ち手を針金に引っ掛けるようになってます。カサの角度も色々と考えてあるそうで、できるだけ雨に濡れないようにだけでなく、家の中に朝日が入るよう、空が見える角度にもしてあるのだそうです。
 電動車イスは、専用に設置したコンセントにつないで、この場所で一晩充電されます。当初は、室内までコードを延ばしていたそうですが、縁側の窓や雨戸がちゃんと閉まらなく、隙間風で寒ったのでコンセントを作ったのだそうです。

 この場所が完全な軒下ではないため、雨が降っている時の乗り降りで、多少濡れることは仕方がないそうです。雪は降っても、車イスの雪下ろしと道路までの雪かきをしてもらえば、出かけるのは大丈夫なのだそうです。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 21:57| Comment(0) | ばり研通信