2016年02月06日

【日曜大工仕事など】27_水栓のレバーハンドル交換とウォシュレット触媒交換など


s160206a.jpg 以前、http://home.kurade.net/article/171672093.htmlで暮らし方を見させていただいたお宅で、洗面化粧台の水栓が回しづらいとのことで、水栓のハンドルをレバー型に交換することがありました。その方は握ることはできなくはないのですが、手や指に不自由があるので、左の写真のようなよくある洗面化粧台のハンドルでは、思うように操作できないようです。ハンドルが花のようなデザインで、引っかかりが特に少ないので、なおのことのようでした。

s160206b.jpg ハンドルを回転させて操作する水栓のほとんどは、ハンドルを好きなタイプに簡単に交換できますし、今はホームセンターでも様々な交換用ハンドルが売られています。その中から、三栄水栓のスイングレバー「リングー」http://www.san-ei-web.co.jp/view.php?pageId=1009&dataId=5264にしてみました。狭い洗面台なので、レバー長が80mmと短めが良いのと、手で押す部分がリング形状で大きいので、多少手が不自由でもレバーが押しやすいというのがあります。また、樹脂製でハンドルのカラーが明確に分かるのと、従来の金属製に比べて安価なのもいいです。

 まずは、ちゃんと止水できていないとのことで、パッキンをチェックすると、かなり硬化していて交換が必要でした。水栓のスピンドルに付いていたパッキンを交換してから、レバーハンドルを取り付けます。余談ですが、ご自分で水栓パーツを交換する際は、細かいパーツが排水へ落ちないよう、洗面器の排水の栓を閉めておくのをお忘れなく。賃貸アパートなので転居時に元のハンドルに戻し、レバーハンドルは外して持っていくため、外したハンドルはキチンとしまっておきます。

s160206c.jpg 交換してからは、レバーの向きを調整します。洗面の右側に壁があり、その方は左手でしか操作できないので、レバーは左手で操作できるように、適切なスピンドルの凹凸との噛み合わせを探します。色々操作を試してもらいながら、写真のような左に30度くらいの位置で止水して、右に押して出水する位置になりました。最後に、水が出過ぎて跳ねてしまうので、洗面器下にある止水栓の開きを少し絞って完了です。目

− − − − − − − − − − − − − −
s160206d.jpg こちらは別な家ですが、流しシンクに付いている混合栓です。使い方の問題なのか、かなり力を入れて閉めないと水がちゃんと止まらなくなっていました。水栓自体は、まだ6年ほどしか使っていないので、パッキンの劣化とも考えにくいのですが、一応交換してみます。

s160206e.jpg 右が付いていた水栓のこまで、パッキンは厚めの多少節水型?のようなものが付いています。せっかくなので、パッキンだけでなくこまごと新しいケレップに交換してみます。これで軽く閉めても止水できるようになりましたが、止まるまでのストロークが少し長いので、この水栓自体に何か構造的な特性があるのかもしれません。たらーっ(汗)

− − − − − − − − − − − − − −
s160206f.jpg ウォシュレットの脱臭の排気からの臭いが多少気になるとの話しがあり、排気部分に入っている触媒組品を交換してみました。ウォシュレットは6年ほど前のTCF6220で、対応する触媒組品のTCA83-2Rを、TOTOパーツセンターhttp://www.toto.co.jp/Showroom/parts/から購入しています。

s160206g.jpg このように排気口を開けると、そのまま中に触媒が納まっています。古いものを引っ張り出して、中をとどく範囲で掃除してから新しい触媒を押し込み、排気口を戻すだけなので交換は簡単です。これも効果のほどはなかなか分かりづらいのですが、トイレの臭いが減った感はあるようです。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 15:24| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2015年03月08日

【日曜大工仕事など】2×8材による既存造付け棚の棚板の製作と取付け


 少し前、武蔵浦和にある「ヘルシーカフェのら」さんhttps://www.facebook.com/healthycafenoraの、造付の棚のマスを増やすため、追加の棚板を製作しました。別な設計事務所さんによる内装設計なので、棚もオリジナルの製作モノです。全く同じは無理なので、ほぼ同じになるように材料や作り方を考えています。目

s150308a.jpg 棚は2×8材を接いで作られているのですが、バラツキの多い材料なので、サイズや板厚を適度に落として調整されているようでした。それに近くなるように、同じホワイトウッドの2×8材のサイズを調整してから、板の重さがかなりあるので10mm径のダボと接着材で接ぎます。私の道具の範囲ではビスケットジョイントは難しかったので…。

s150308b.jpg 棚板は取り外せるようにするため、横板は桟木で、縦板は棚ダボを利用して棚にハマるようにします。なおかつ桟木や棚ダボは見えないようにするため、棚板の側面に、桟木やダボをはめるための溝をトリマで掘ります。この時に、後述の、棚板のストッパーや荷重負担などを考慮して、溝の位置や長さを決めています。

s150308c.jpg 現地で仮組みして棚板のサイズを微調整した後、既存の棚と同じように塗装します。「BRIWAX」http://www.thegallup.com/new/item/paint_wax/briwax/briwax.phpという、木材をアンティーク風に見せるための蜜ロウベースのワックスだそうです。現在はトルエンフリータイプが基本のようで、その中での濃い色ジャコビアンを塗装します。塗装は、スチールウールを使い、板表面の荒れをとり細かい部分までワックスが入り込むようにします。乾いた後に布で拭き上げると、元がホワイトウッドとは思えない板の表情になり、おさえめながらツヤも出てきます。るんるん

s150308d.jpg 棚板を固定するための桟木を既存の棚に取付けますが、奥の壁は利用することができないので、両端の棚のみで棚板を支える必要があります。そのため追加する棚板が1.4mのスパンがあり、2×8材なのでほとんどたわまないとはいえ板厚が36mmありとても重いため、12mm×12mmのヒノキ材を接着した上に、ビスを多めにして固定しています。

s150308e.jpg この桟木に、棚板を写真のように前から差し込みます。溝の端部と桟木の端部がぶつかりストッパーのようになり、棚板が正しい前後位置で止まるように、溝と桟木を加工しています。普通は、この桟木と棚板を接着して固定棚とするのですが、今回は外して棚が大きいマスでも使えるように、接着はしないでおきます。それでも、棚板に重さがありシッカリはまっているので、動いたりすることはありません。

s150308f.jpg 縦に仕切る棚板は荷重は受けないので、写真のように、ネジで取り外せるタイプの棚ダボを利用してはめています。棚板の上下に掘った溝をレールのように使い、左右には動かないようにしています。こちらも溝と前側の棚ダボでストッパーのようにし、棚板が正しい前後位置で止まるようにしています。

s150308g.jpg 棚板を追加した完成形です。若干の色違いは、年月経過や塗装ワックスの微妙な仕様違いでやむを得ませんが、そう違和感なく納めることができました。何も置かれていない中央の6マスの部分が、元は大きい1マスでした。展示陳列するものが小物が多く、大きいマスでは使いづらいということでこのようにするそうです。この部分の棚板は外れるので、もし横長や大きなマスで使いたい場合は、それに対応することができます。ひらめき

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 22:09| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2015年02月15日

【日曜大工仕事など】冷気対策の窓カーテンの調整と窓枠付ホスクリーン


 もうすぐ冬が終わってしまいますが…、最近の断熱性能の高いサッシやガラスではない窓での、室内の寒さ対策です。窓で冷えた室内の冷気が床へ流れてくる(コールドドラフト)のを、カーテンの下をできるだけふさぐことで抑えることができます。ただし、見た目はちょっと…な感じですが、寒さ対策や暖房効率を上げるのを優先したい場合に、いかがでしょうか。家

s150215c.jpg 写真のように、カーテンの下端を窓枠の上に乗せて、カーテンのプリーツを畳みながら、左右の端部までなるべく隙間ができないようにふさぐだけです。レースカーテンでは、冷気を通してしまうので、あまり効果はないようです。気密性や断熱性のさらに低い古いサッシのような場合は、冷気の流れが強くなるので、何かを載せて押さえてしまってもいいのではと思います。
 掃出し窓(床まで窓がある)の場合でも、カーテンを床に引きずるようにして隙間をなくせば、同じように冷気が床に流れ出るのを抑えることができます。目

s150215a.jpg 上の写真のように、カーテンの下端を乗せるほど長さが無い場合に、冬場だけでも、カーテンの吊り高さを少し下げて、下端の余裕を増やすことができます。カーテンはこのように、吊り高さを調整できるアジャスターフックで掛かっています。写真は、上下逆さまですが、左から右のもののようにアジャスターの位置を変えることで、その分カーテンの吊り高さを下げることができます。

s150215b.jpg 左が本来の高さで、右が下げた高さです。写真の窓では、一応カーテンレールが見えないくらいでも、最初の写真のような下端をふさぐような状態にできました。
 ちなみに、夏場の暑さにこの方法は効果がありません。カーテンの上がふさげないからではなくて、夏の熱は直射日光と輻射熱で入ってくるので、遮熱効果の高いガラスやカーテンで直接的に防ぐ方法が効果的です。いい気分(温泉)

s150215d.jpg 寒さとは関係ないですが、窓つながりということで、川口技研の「ホスクリーン窓枠付MD型」http://www.kawaguchigiken.co.jp/products/monohoshi/です。室内側の窓枠に取り付ける折りたたみ式の物干竿掛けで、ホームセンターでも普通に売っている商品です。見た目の好みはあると思いますが、思ったより意外に便利に使えます。
 写真は使わない時の畳んだ状態ですが、窓枠内の幅に納まり、サッシやカーテンの動きをジャマすることがありません。

s150215e.jpg 物干竿を掛ける時は、フックを回転させて写真の位置になるので、そこに物干竿を通して使います。そのため、左右一対で窓枠の両側に付いています。
 陽の当たる窓であれば、この物干竿に洗濯ハンガーなどで洗濯物を干しておけば、窓に簡易サンルームのようになり、外出時でも雨などを気にせず洗濯物を干しておくことができます。フックの室内への出幅が30cmほどなので、この物干の室内側でカーテンを閉めて、室内を見られないようにもできそうです。ただ、室内干しになるので、天気が良くても洗濯物からの湿気を室外に出すため、換気はしっかりしておかないとです。晴れ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:04| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2015年01月24日

【日曜大工仕事など】テーブルの天板をラジアータパイン集成材に交換


s150124a.jpg 15年くらい前に、島忠家具で買った普通のダイニングテーブルとイスのセットを使ってきました。テーブルは、180cm×90cmの最近では大きめのタイプで、天板も40mm厚、脚も無垢材でとても重さがあり、そこそこしっかりしたモノでした。
 テーブルの天板は、おそらくパーティクルボードに全面突き板張りをしたものでした。ですが、パーティクルボードと突き板の接着面が脆く、突き板が濡れなどでひび割れてくると、そこから突き板が浮いてはがれるようになってきていました。

 突き板がはがれてしまうとそこが凹むのですが、直しようがないので、初めのうちは写真のように木工用のエポキシパテで埋めていました。しかし、はがれる箇所が増えて面積も増えてくると、エポキシでは対応できなくなり、はがれも補修も汚らしい印象になってました。テーブル全部を換えると費用がかかるので、脚はそのままに天板だけ交換することにしました。たいがいのテーブルは、天板は脚とつなぎの幕板の上に載っているだけなので。目

s150124b.jpg お付き合いのある地元埼玉の板材なども考えましたが、再利用するテーブル脚が写真のようなやや猫足なので似合わず、割り切って手に入りやすい安いラジアータパインhttp://www.wood-museum.net/radiata_pine.php集成材で済ませることにしました。その180cm×90cm×30mm厚の集成材を縦横5cmカットして、テーブルサイズを5cmほど小さくします。角を45度に落とし、角の面取りをして、脚の上に載せて固定するだけです。このテーブルは、木片を使って下からビスで天板を固定するタイプです。

 脚の上に天板を乗せると、写真のような感じです。見た目も木の色も正直合ってませんが、テーブルは脚のデザインがあまり目に入らないので、気になる機会はそんなには多くないのかなと思います。

s150124c.jpg 天板全体を上から見るとこんな感じで、前記の1枚目の写真の突き板と比べると、かなり明るく木目も目立ちます。ダイングの雰囲気は、明るく少しアクティブな印象に変わりました。るんるん

s150124d.jpg 集成材の表情は、かなり細く短い材を貼り合わせていて、節や汚れが出ないようにしている感じです。この集成材、フィンガージョイントのギザギザ面が見える向きで集成されています。板材の場合、板面方向に動かないようギザギザが見えない方向で集成されることが多いように思うのですが、この向きの方が、フィンガージョイント部に薄くはがれやすい部分が出ないというのもあるのですよね。

 塗装は、食卓なので、自然オイルだけのオイルフィニッシュを塗ったのですが、最初のうちから、いわゆる輪染みがどんどん残ってしまいました。そのため、輪染みをペーパーで磨いて、シリコン樹脂を含むオイルフィニッシュをその上から塗り足し、三分艶のような仕上にしています。これであれば輪染みも、ふきんで普通に拭けば残ることはありません。喫茶店

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:02| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2014年12月09日

【日曜大工仕事など】歩道改修と信号機設置の調査と下地センサーと納戸


s141209a.jpg 少し前に、歩道の改修と信号機設置のための調査と要望書作成などをしていました。上は、歩道改修を検討した県道の区間です。福祉関係の公共施設と最寄りのバス停との間にあたるのですが、マウンドアップ式歩道なうえに交差点付近のため横断歩道もあり、その切下げ勾配がきつく車道側へ傾斜しています。自転車通行可の歩道なのですが、最も狭い有効幅も1.2mほどしかなく、すれ違うのに注意が必要なだけでなく、車いすやシルバーカー利用の人などは、車道への転落の危険性が高くなっています。そのため、計画道路としての本来整備の前に、暫定的な歩道の改修を提案することになりました。バス

s141209b.jpg こちらは、横断歩行者と自動車の接触事故があった信号の無い交差点です。踏切が近いため、時間帯によっては、このように車が滞留してしまい、この車の間から安全を確認して横断するのが難しい状況です。横断の判断が難しい障害のある人や、横断に時間のかかる高齢者や小さい子ども連れのために、信号機の設置の要望が可能を検討しました。

s141209c.jpg 信号機設置の指針には、自動車交通量等の基準もあるので、久しぶりに交通量調査もしました。ただ、参考とするための任意の調査のため、方法はスマホを使って一人でやってしまいました。色々アプリを探すと、タッチ操作でカウントでき、同時にタイムスタンプも打てるアプリがあったりして、それらを都合良く組み合わせて交通量をカウントしました。目

s141209e.jpg 某事務所の天井にロールスクリーンを取付ける際に使った、BOSCHの下地センサーGMS120です。天井が化粧ボード2枚張りで下地LGSの位置が分からず、その下地探しのために使いました。これで目安の位置とピッチが分かるので、あとは取付け時に下地確認針で突いて取付け位置を決めます。ちなみに、このGMS120は、木造の壁天井下地やS造の間仕切の下地、RC造の鉄筋、隠蔽配線などの位置の目安を付けてくれます。

s141209d.jpg 見つけた天井LGS下地にブラケットを取付けて、ロールスクリーンをはめ込んでいきます。るんるん

s141209f.jpg 実家の納戸が、納戸として活用されていなかったので、詰め込まれていた不要品を移動して、納戸として使えるようにしました。棚などが何もない作りになっているので、壁を有効に使うために棚を設置しますが、造り付けでは後々融通が効かないとのことで、写真のような既製家具を組み立てて設置しました。対面の壁には、ハンガー掛け用のパイプの下に、衣装ケースをずらっと並べています。こういう置くだけ家具であれば、後々利用状況が変わっても、自分たちで棚なりを組み換えることができるのがメリットです。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 20:37| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2013年10月26日

【日曜大工仕事】タオル掛け取り付けや簡単に交換できるモノ


s131026a.jpg 色々と細かい作業などの仕事もあります。写真は、トイレのタオル掛けです。便器が手洗付のタンク式なので、そこで手を洗って壁のタオル掛けで手を拭いて、となると、その途中で水滴が垂れてしまいます。そこで、タンクの上にある棚板を利用して、タオル掛けをタンクの真上に付けることにしました。
 タオルを掛けたり手を拭く時に負荷がかかるので、回転するタイプを探します。ちょうど良いサイズのモノで固定が強力磁石のタオル掛けがあったので、棚板にフラットの金物を取り付けて、そこに磁石でくっ付けました。磁石が強力なので、使ってる時に外れるようなことはなさそうですが、外したい時には、テコで傾ければ外すこともできます。るんるん

s131026b.jpg 簡単に交換できるのですが、意外と知られてないシャワーヘッドです。ただネジ込んでOリングで止水してあるだけなので、タオルなどで持って回せば外せますし、最近の国内メーカー製品であれば、どのメーカーでもほとんど交換できます。
 写真は、右のTOTOの空気を混ぜて節水するタイプのシャワーが、当たりが強すぎるとのことで、三栄の柔らかく出る節水タイプのシャワーヘッドに交換した時です霧

s131026d.jpg 四角いプロペラファンの付いた、いわゆる標準換気扇もはめ込んであるだけなので、簡単に交換できます。ただし、プラグとプルスイッチ(ひも)が付いたタイプでないと、電気工事が必要です。
 枠の中で2本のネジで留まっているので、それを外して入れ替えます。写真は、25cmサイズを交換したところで、カバーをはめる前にテストした状態ですね。台風

s131026c.jpg こちらもタオル掛けです。キッチンにシンプルなタオル掛けを付けようということで、家具用のネクタイ掛けを転用して取り付けてます。こういう単純なタオル掛けは、ありそうで意外に無いんですよね。目

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2013年07月17日

【日曜大工仕事】可動棚のレールと棚板製作と取付け


 少し前、可動棚の棚板を製作することがありました。棚受けレールいわゆるガチャレールを取付けて、必要な枚数の棚板をシナランバーで製作する作業です。目

s130717a.jpg 棚受けレールは、よく使われる止受を付ける薄いタイプでなく、特に理由は無いのですが、アルミ製のダボを引っ掛けるタイプの棚受けレールを使ってみます。本来は、溝を切って埋込みながら使うタイプのレールのようで、厚みがあるのですが、ダボなので棚板が動くのを抑えることができそうです。

 まずは1800mmの長さの棚受けレールを、棚で使う長さに切断していきます。

s130717b.jpg サイズの小さめの棚なので、棚板のシナランバーは18mm厚を使います。3×6からの切り出しのできる作業環境は無いので、棚板のカットはホームセンターでカットしてもらっています。

 この棚板に、ダボ受けの溝加工をします。本来はトリマーなどで加工するのですが、そのためには定規を作成したりしなくてはなりません。それが面倒なので、写真のように2枚を作業台とクランプで留め、2枚の真ん中にドリルで穴を開けて、両側が半円断面のダボ受けになるように加工します。

s130717c.jpg 必要な棚板にダボ溝の加工を終えると、こんな感じです。ひらめき

s130717d.jpg 最後に、棚板の正面側になる木口に、木口テープを貼っていきます。板厚より幅広のシナテープを貼って、隅カッターは持ってないので、普通のカッターではみ出た部分を切り落として棚板は完成です。

s130717e.jpg 取付ける棚に、棚受けレールの墨出しをして取付けていきます。垂直と4本のレールの高さをキッチリ揃えないといけないので、水平器をあてて調整しながら固定していきます。

s130717f.jpg 棚板を載せて、棚板の微調整をします。棚の奥と両側面がなるべくキッチリ納まるように寸法を決めているので、わずかに納まらず、現場でカンナをかけて納めて完了です。るんるん

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 20:39| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2013年04月02日

【日曜大工仕事】インターホン交換作業と子機の取付け


s130402a.jpg 少し前、インターホンの交換作業をしました。室内の親機の位置も変えたいとのことで、まずは天井裏へ上がって、既設のインターホン用のコードを探します。築40年以上の建物なので、天井裏は広いのですが、リフォームで壁が、古い小舞壁と新しい大壁の二重になってます。

 アウトレットボックスから見つけたインターホン用コードを、親機を付けたい場所の新しい方の壁の内側へ落とし込んでおきます。親機を設置する箇所の壁に穴を開け、そこからコードを出しておきます。モバQ

s130402b.jpg 取付けるのは、パナソニックのVL-SWD300KLで、室内子機がワイヤレスでモニター付きになっている機種です。親機には、標準で電源コードが付属しており、親機を取付ける箇所の近くにコンセントがあれば、電気工事をしなくても取付けることができます。

 インターホン用コードを接続して、壁にこんな感じで取付けます。下に伸びている白いコードが電源コードで、この下の方にあるコンセントに差しています。目

s130402c.jpg ここのお宅の場合、メインで使うのは親機ではなく、このワイヤレス子機の方です。この子機は、普段は充電台に載せておくのが前提の機種なので、充電台をどこに設置するか考えます。テーブルの上などで、電源コードがジャマにならないうまい場所が無く、こちらも下にコンセントのある壁に付けることにします。

 写真のように、持たなくてもそのまま話せる高さに取付けました。インターホンなので、持って長く話すことはほとんどないので、充電台に載せたままボタンを押して話せるといいかなと。ただ、子機は充電台に載っているだけなので、落ちにくい設計にはなっているのですが、落とした時が不安とのことで、バネストラップを付けました。フックは丸いタイプにして、外せるようになっています。るんるん

s130402d.jpg 一方、玄関子機は、RC造の塀に、大型の埋込みボックスタイプのものが付いてました。現在主流のタイプよりひと回り大きいので、新しい玄関子機は全く合いません。そこで、そのボックスを利用して、アルミ複合板を取付け、そこに玄関子機を取付けることにします。

 アルミ複合板は、超低頭ビスでボックスと固定するのですが、壁に凹凸があるので、壁から数mm程度浮くように固定します。その三方の隙間にはシールを打って、ボックスに雨が入らないようにしておきます。配線は、玄関子機に合わせた位置に出して、ビニルテープで雨が入りにくくしておきます。雨

s130402e.jpg あとは、カメラの向きを少し調整してから、玄関子機を取付けて完了です。カメラ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ                       
posted by ki at 20:37| Comment(0) | 日曜大工仕事など

2012年08月11日

【日曜大工仕事】ウォシュレットのソフトクローズ交換など

s120811a.jpg ウォシュレットのフタのソフトクローズが効かなくなり、バタンと閉まるようになっていたのでパーツを交換します。ウォシュレットは、8年ほど前のTCF313という量販店向けK2という型式です。

s120811b.jpg フタの回転軸の中に、回転式のダンパーが組み込まれています。最初の写真のように便座に向かって左の軸に便フタのユニット、右の軸に便座のユニットが組み込まれています。該当するフタのソフト閉止ユニットはTCH621RRというもので、TOTOさんから入手します。約700円ほどです。

s120811c.jpg 写真の右の便座取付けカバーを開いて、便座とフタを持ち上げ、ウォシュレットから外します。便座取付け部を内側にスライドさせて、便座からフタも外します。

s120811d.jpg 写真にある小さな固定ビスを外すと、便座の軸にはまっていたソフト閉止ユニットが外側から外せます。それを新しいユニットに交換して、逆の手順で組み直して完了です。

 立って小をすることは少なくなったので、便座の開け閉めはあまりないと思いますが、便フタは便座保温や見た目などのこともあって、常時は閉めていることがあります。そうすると、便フタの開閉回数が増えて、ソフト閉止ユニットを消耗するようです。8年だと2万回くらい?ですかね。るんるん

s120811e.jpg こちらは、壁掛け電話機を外した穴をふさいで欲しいとのことで、通常のモジュラージャックにしました。壁の中でモジュラー端子接続されていたので、電話機用の取付枠を外して、フルカラー用の取付枠を取付け、端子を固定します。

s120811f.jpg あとは、プレートを付けて完了です。電話

s120811g.jpg さらに、アルミサッシの勝手口ドアで、クローザーを枠に固定していたビスがバカになってしまったそうです。おそらく、ビスが緩んできていたのに気付かず、そのまま使い続けネジ山がすり切れたのでしょう。

 5×12という短太のネジ山が荒く深い皿タッピングで、既存のネジ山を少し押し広げるように締めて固定してしまいます。固定されるアルミの枠の板厚も3mm程なので、短くて十分です。一応、またネジ山がバカになった時のために、さらに太い6×12という皿タッピングも渡してきました。モバQ

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 23:50| Comment(0) | 日曜大工仕事など