2019年08月30日

【光と風と素材の家_メンテ】71_ドラム式洗濯機の循環水やホースなどへの対処


s190830a.jpg
建物や設備や家電製品など色々起こるのですが、その原因を探ったり対処法を考えたりが好きだったりします。少し前に、ドラム式洗濯機のカテーテル手術?をしました。ドラム式洗濯機は、以前にも 書いてます "Midea 東芝ライフスタイル" の「TW-96A5L」です。洗浄水の循環によるシャワー機能があるのですが、そのシャワー水がほとんど出なくなってしまい、糸くずなどで詰まってしまったようでした。

s190830b.jpg
そこで、循環水の経路に何を通し入れてみることを考えます。細くて傷つけないモノということで、壁などへの作品掲示用に所有していた、柔らかいSUSワイヤーが使えました。

s190830c.jpg
循環水の出口穴からワイヤー差し込みます。少しづつ入れていき、突き当る感じのところまでいったところで、何回か軽く押し引きしてツンツンします。穴の中には、ワイヤーが1m近く入った気がします。

s190830d.jpg
施術後、無事に本来の2本のシャワー状の循環水に戻りました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
s190830e.jpg
その後、同じ洗濯機で、給水ホースの洗濯機側でじわじわと水漏れしてるの気付きました。写真は、拭き取ってしまった後ですが、凹みのところに水が溜まりますが、下まで流れるほどではありませんでした。

s190830f.jpg
給水ホースを外すと、中のゴムパッキンが変形して破けていました。洗濯機の設置時に、かなり締め過ぎだった上に、緩める機会が無いので変形が進んでしまったようです。給水ホース自体は、以前の洗濯機の時に ホースだけ買い換えた ものなので、4年半ほど経過しています。

普通の水栓でも、ゴムパッキンのタイプ(カートリッジ等ではないタイプ)は、ギュッと締め過ぎるとゴムが変形して、かえって止水が悪くなってしまうので、スーっと閉じるようなイメージが良いです。

s190830g.jpg
通常は、ホースを買い換えるのですが、まだまだ使えることや、現洗濯機に付属の短くて使ってない給水ホースもあったので、そのホースからパッキンの移植だけで済ませました。

s190830h.jpg
一応、ホームセンターで汎用パッキンを探したのですが、同サイズ(径26穴14厚3?)は無く、偏心管用?(径26穴16厚2)が使えそうで購入したものの、剛性が足らない気がして試しませんでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
s190830i.jpg
余談ですが、もう一つ洗濯機ネタです。ウチは防水パンを設置せず、ドラム式洗濯機を床に直接置き、床に直接設置した洗濯機排水トラップへ排水をしています。その排水トラップは、下階の排水ルートの関係から、洗濯機から1mほど離れた位置にあります。現洗濯機は、機内が部品等でいっぱいなため?、排水ホースの出の高さが低いので、上の写真のような状態になっています。

そのため、洗濯機から排水トラップまでの間、排水ホースは床を這う状態になり、そこに排水が溜まります。排水の障害になるわけではないので、洗濯機の動作には何の問題もありません。ですが、排水が溜まるゆえ、洗濯から出る糸くずや汚れ等も徐々に溜まり、だんだんとそこで発生する臭気が洗濯機へ上がってくるようになりました。

本当は、排水ホースに水が溜まらないようにできるといいのですが、洗濯機の排水とトラップの高さから、なかなかうまい方法がありません。今は、脱水と乾燥の終了前に、手作業で排水ホースを持ち上げて、溜まった水をトラップへ流しています。毎回ではなく、気が付いた時だけですが…。たらーっ(汗)

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:18| 風.光.素材の家_アイデア

【光と風と素材の家 アイデアとメンテ】 一覧

 引き続きアップしていきます。るんるん
01 [アイデア]月と星とお魚の引戸
02 [アイデア]空間をつないで全館での冷暖房と換気
03 [アイデア]便利な広い土間と再生ガラスカレット
04 [アイデア]室内に風を導く窓+全館冷房室温測定1
05 [アイデア]在来浴室でシンプルに使いやすくする
06 [アイデア]木の加工の雰囲気と見える金物
07 [アイデア]珪藻土の左官壁と杉の板壁
08 [アイデア]手作りアプローチと庭を草花で覆いつくす
09 [アイデア]飾り棚のカエル+白っぽくなった下見板+室温測定2
10 [アイデア]ヒノキ集成材のアイランド型オープンキッチン
11 [アイデア]色々な照明その1(吹抜け・ダイニング・キッチン)
12 [アイデア]色々な照明その2(個室・ホール・屋外・その他)
13 (メンテ) 床のワックスがけとデッキのメンテナンス
14 [アイデア]住まいの環境の評価その1(CASBEE)
15 [アイデア]住まいの環境の評価その2(熱損失係数Q値)
16 (メンテ) 木部のオイル塗布メンテと階段の滑り止め
17 [アイデア]床暖房による全館暖房の室温測定
18 [アイデア]陶器製の洗面器の良い雰囲気と苦労
19 (メンテ) 乾燥による木材の割れと無垢フローリングの隙間
20 [アイデア]打合せスペースはIKEAの家具に
→ 全てを表示(21〜)
posted by ki at 21:10| 風.光.素材の家_アイデア

2019年06月08日

【光と風と素材の家_メンテ】70_ロールスクリーンの洗濯とロフトエアコン試運転


ss190608a.jpg
 先月の暑くなった頃、自宅1階のロールスクリーンの洗濯をしてました。築10年が経過したのですが、ロールスクリーンの洗濯はまだ2回目です…。普通のカーテンは、毎年の季節に1回くらいは洗濯していますが、ロールスクリーンはプルコード式なので、取り外しや取り付け後の調整が面倒なので、やらなくなっていました。しかし、1階のスクリーンは、ねこたちの体が触れ、だいぶ汚れが付いていたので、久しぶりに洗濯することにしました。

ss190608b.jpg
 1階は窓が小さいので、TOSO(トーソー)の「マイテック 小窓」という、洗濯可のロールスクリーンです。この製品(注:2009年仕様)は、ローラーパイプとスクリーンの脱着が止めの無いファスナーになっています。そこで横着して、ローラーパイプは取り外さず、スクリーンを引き出した状態で、スクリーンのファスナーだけ手で外します。ローラーパイプが、その位置から回転しないようにしておき、洗濯後にそのままスクリーンを戻すようにします。

ss190608c.jpg
 スクリーンは久しぶりの洗濯なので、洗濯機ではなく、浴槽で浸け洗いします。濃縮洗剤の"ウルトラアタックNeo"で浸けるので、浴槽の循環口に洗剤が入らないように注意です。浸け洗いした後、洗濯機ですすぎと脱水して、元通りに取り付けて乾かします。最初の写真は、取り付け後の乾燥中を撮ったものです。

ss190608d.jpg
 ファスナーの取り付けには、そのためのスライダーが、ウエイトバーの中に用意されてます。

ss190608e.jpg
 スライダーを使って、スクリーンのファスナーを閉めて取り付けていきます。その際、ローラーパイプが巻き戻ってしまうと、その再調整がやっかいなので、巻き戻らないよう注意しながらです。無事に6枚の、洗濯と取り付けが済みました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ss190608f.jpg
 こちらは、先月末、30℃を超える暑さになるとのことで、ロフトの掃除と、そこに取り付けている全館冷房用のエアコンの点検をしていました。半年に1回の恒例で、今回は黒い方も手伝って?くれてました。ロフトなので暑くなるので、朝の涼しいうちから始めます。ロフトの埃とねこ毛で掃除機はいっぱいになり、エアコンの試運転は問題なしでした。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
posted by ki at 21:03| 風.光.素材の家_アイデア

2018年12月17日

【光と風と素材の家_メンテ】69_ビルトイン食洗機の部品交換とLED電球再び


s181217a.jpg 先月、ビルトイン食器洗い乾燥機の、部品交換を自分でやったりしてました。ですが以下は例外対応なので、水と電気を扱う食洗機では、何か不具合が起きた場合は、メーカーや設置した工事業者さんなどへすぐ連絡してください。

 食洗機はパナソニックNP-P60V1PKPKという60cm幅の機種で、10年弱ほぼ毎日使ってます。先月末の震度4の地震時にたまたま運転中で、機内水漏れエラーが出て止まりました。なので、底面の隙間から機内の底を確かめると、かなり水が溜まっています。その水が地震で波打ってセンサーに触れ、エラーが出たようです。最初、地震の影響かと思ったのですが、そうではありませんでした。

s181217b.jpg 給排水ルートの関係で、少し取付説明書とは違う取付方をしてることもあり、修理を頼む前に一応様子を見ておこうと、食洗機を引っ張り出してみます。背面のカバーを開けると、その目の前にあるホースが劣化して穴が開いていました。なのでネット探すと、同系統のPanasonicの食洗機は、7,8年経過頃からこのホース劣化での機内水漏れが起こるようで、自分で交換した例が載ってます。

s181217c.jpg ということで、ホースを交換することにしますが、内径19mm?の耐熱耐圧ホースというものはなかなか無く、内径15mmのシリコンチューブを伸ばしてはめる作戦にします。ですが、ゴムと違って柔らかいうえに摩擦抵抗が強く、色々がんばっても半分くらいしか入りません…。逆に簡単に抜けもしないので、上から結束バンドで押さえて良しとすることにしました。

 ホース交換して半月ちょっと経過して、今のところ問題なく稼働しているようです。引き続き、様子に注意しながら運転しています。喫茶店

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
s181217d.jpg また照明ネタです。玄関外の照明のLED電球が点かなくなりました。

s181217e.jpg 左のLED電球で、取り付けた時のことは(→”41_玄関灯のLED電球不具合交換と白熱球”)にあります。それから5年半なので、平均12時間/日として約2.4万時間、設計寿命の4万時間の半分ですが、元々屋内用なのでこんなもんでしょう。カラーは昼光色で、全光束325lm・4.3Wのクリアタイプですが、ガラスのコーティング?が紫外線劣化して?、全体的に曇ってしまい細かいクラックも多数です…。

 交換のLED電球は、少し暗めにして本来の電球色にと思い、真ん中のLED電球、電球色・全光束210lm・3Wのクリアタイプに交換しました。ヤザワコーポレーションのLDG3LG50 yazawa-online.com/.../24942/ です。しかし、白い光に慣れていたのと暗めの電球色が家族に不評で、再度交換になりました…。

 最近、電球色以外のクリアタイプが少ない中で、右のLED電球、昼白色・全光束485lm・3.8Wのクリアタイプに交換しました。アイリスオーヤマのLDA4N-G-FCV2 irisohyama.co.jp/.../pno=lda4n-g-fcv2 です。ご近所対応としては、もう少し暗い方がいいのですが、選択肢は無いようです。光の感じは以前のように戻りイイ感じです。

s181217f.jpg この右のLED電球は、完全にクリア電球を模した形と構造です。形もデザインも自由なLEDなのに、前々時代的な電球を未だ模すのは、レトロがあまり好きでない私にはやや理解がいかないです。国内では、LED電球の製品は山とありながらも、種類は数えるほどで、形はほぼ電球形しかない…というのは、買う方も売る方も、とても保守的ということなのですかね…。ひらめき

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 22:00| 風.光.素材の家_アイデア

2018年09月17日

【光と風と素材の家_メンテ】68_壁面直付けソケットをブラケット照明に交換など


s180917a.jpg 写真のように、壁に直付けしてた照明家具用のモーガルソケットですが、10年目を前に全廃しました。照明を極力小さくしたかったゆえですが、(→”53_玄関子機交換と壁の電球照明交換とパイプファン清掃”)にも書いたように、耐久面で無理がありました…。
 石膏ボード面のモーガルソケットは以前の時点で交換してましたが、今回、比較的しっかり固定できていた板壁面も、全て交換しました。配線や端子がソケット内でむき出しなので、酸化が進みやすいのと、点灯時間の長い箇所もあり、変色焼けがみられたことなどもあります。

s180917b.jpg 1ヶ所は、このオーデリック odelic.co.jp のブラケットに交換です。設計検討用のサンプルとして試しにとったもので、使われずに在庫していました。90mm角ぐらいで小さめの型ガラスのブラケットで、見た雰囲気はなかなか良いです。
s180917c.jpg ですが点灯すると、交換不可のLED発光部ゆえに、光の大半が壁面と垂直の方向に向かい、かなり明るさもあるので、ギラギラとした印象になってしまいます。なので、向かいが収納になっているこの壁面に付け、収納内も照らせるようにして使うことにします。

s180917d.jpg 3階廊下の2ヶ所は、こちらのオーデリックのブラケットに交換です。3階はプライベート的な空間で、夜間に長時間点灯していることが多く、電球や前記ブラケットのようなギラギラと明るくすることはやめにしました。
s180917e.jpg ブラケットのカバー側面は光を通さないタイプです。この側面は一応木製らしいのですが、木目も木の感じも分かりにくいので、ブラウン色のプラ製のような印象です…。
 点灯するとこのような感じです。中の光源が斜め下向きのLED電球なので、光の7割ぐらいが下方向から出ているのが良く、床面まで十分に明るくなります。

s180917f.jpg さらに1ヶ所、このような階段真上の梁に、モーゲルソケットを直付けしてました。ここは直下の階段を照らせればいいので、下方向のみを照らす写真のダイコー lighting-daiko.co.jp のブラケットに交換です。入手してから気付いたのですが、プラ製が主流の安価な中で、この照明はケースなどが金属製でした。
s180917g.jpg ただ取り付けの際に、接続端子が少し器具内に引き込まれた位置にあり、それまでのソケット接続のままでは長さが足りず、絶縁電線をコネクタで延長しました。ブラケット内は、このようなコネクタなどを納める余裕がありました。

s180917h.jpg こちらの照明も交換しています。(→”11_色々な照明その1(吹抜け・ダイニング・キッチン)”) にあるダクトレール用ソケットで、電球形蛍光灯が製造終了になり、蛍光灯の寿命と共に、同程度の明るさの全方位形LED電球へ交換になります。
s180917i.jpg ソケットがE17ゆえにLED電球もサイズが小さく、以前のD形蛍光灯を想定した金属カバーでは深すぎ、部屋の上の方が暗くなってしまいます。MAXRAY maxray.co.jp の製品を調べると、浅いタイプの金属カバーは引き続き販売されており、交換して以前と同じような照らし方となりました。ひらめき

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:15| 風.光.素材の家_アイデア

2018年06月27日

【光と風と素材の家_メンテ】67_在来浴室のタイル目地割れと補修作業


 浴室のタイル目地が割れてきたので、補修したりしてました。近頃では珍しい在来浴室で、10年前の建築時に、自分自身の勉強と実験を兼ねて、ユニットバスにしなかったモノで、(→”05_在来浴室でシンプルに使いやすくする”)などに書いています。

s180627a.jpgs180627b.jpg
 床はRC造の上にモルタルですが、壁の木造合板下地が経年で退け、その取合いなどで目地割れしてしまったようです。下地の防水層は、床壁一体で丈夫なタイプなので切れることはないと思いますが、割れの中からカビないように、割れ目からの不要な侵水は避けるために補修します。

s180627d.jpg 補修目地材は、写真右の"ヘンケル DTM-500"という、500gに小分けされた目地材を使用します。左の"セメダイン バスコークN"は、取り合い部なので今後も季節で動くと思うので、コーキングで補修することも考えましたが、割れを埋める程度にとどめることにし、目地材にします。
 目地割れは4ヶ所ほど、合わせても長さ2mくらいなので、DTM-500は1/5程度で十分です。なので材料費は100円ほどです。

s180627c.jpg 割れた目地部分の、補修に支障する目地をマイナスドライバーで削り取り、刷毛や掃除機を使って清掃します。

s180627e.jpg タイルが補修作業後の清掃がしにくいタイプのため、床壁ともマスキングします。ちなみに床は、滑りにくいように表面がツルツルしていないタイルで、壁は小さな凹凸がデザインされたモザイクタイルです。
 マスキングテープは、コーキング用の余りを使ったのですが、表面コートで全く目地材がつかないため、剥がす時に目地材が散ってしまい、余計な掃除が増えてしまいました…。
 目地材は、ダマにならないよう十分に練って使います。塗り込むヘラも、コーキング用の少し硬めの細い樹脂製を使ったので、塗った表面はスムーズにはなりにくく、最後に少し濡らした指で軽くなぞってみたりしています。

s180627f.jpg 作業自体はすぐに終わります。ですが、固まるまでは粉状にとれてしまうので、水がかからないよう乾燥させます。説明書上は24時間ですが、お風呂に入らないわけにはいかないので、目地補修作業は、前日の湿気が乾いた朝イチで作業して、その日の夜の入浴はなるべく水がかからないように入り、浴室の床壁の掃除は2日後から…ということにしてやっています。
 問題なく目地は補修できましたが、プロのタイル屋さんが作業した目地と比べると、やはり少しザラザラ凸凹してしまいます。いい気分(温泉)

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 18:05| 風.光.素材の家_アイデア

2018年04月03日

【光と風と素材の家_メンテ】66_腐食した板張りの部分張り替えを自前で_その2


(→”65_腐食した板張りの部分張り替えを自前で_その1”)の続きです。

s180402a.jpg 板の張替え作業の過程で、意外に簡単に塗膜が剥がれることに気付きました。前回の塗り替え(→”50_1階外壁の板張りの塗り直し その3”)からまだ3年で、塗装が下手とはいえ、まださほど劣化はしてないと思ってました。ですが、雨と日差しがまともに当たる南〜西面は、劣化が進んでいるようでした。
 原因はそれだけでなく、板張りが伸縮変形の大きいスギ材なこと、当初は油性自然塗料系のリボスを塗ったところから、前回から下地処理をいい加減なままに水性の「ガードラック」に変えたこと、もありそうです。なので、前回までの塗装の定着が悪いところを、養生テープなどを使って剥がしてしまいます。モバQ

s180402b.jpg そして、張り替えた板の境目目地をコーキングします。コーキングは初めてなので、教科書的に道具を購入しています。ガンはタジマ「コンボイジャスト」https://tajimatool.imagestore.jp/、マスキングテープはカモ井加工紙「No.3303-HG」、ヘラはプラや金属など何種類かと、そぎ落とし用の大きい金属ヘラなどです。細い目地埋めが多かったので、ヘラは結局、コーナー用のプラ製ヘラ1本でほとんど済ましてしまいました。
 シーリングは、セメダイン「POSシール」http://www.cemedine.co.jp/product/のアンバー色です。上から塗装しますが、一応、板張りの紺色に近いカラーということで。

s180402c.jpg シーリング打設する周囲をマスキングしていきます。目地深さが板厚15mmなので、目地幅が広い箇所は、発泡PEのバックアップ材を押し込んでおきます。プライマーは、コーキング長さが小さいのと木部なので省略して、掃除をキチンとするだけです。

s180402d.jpg 写真のガラスブロック枠の周囲は、三方をコーキングするつもりでした。ですが、そこから入る雨水を防ぐことは、他から中に入った雨水の出口もふさぐことになり、通気も止めて乾きも悪くなるので、張り替えた板の継ぎ目だけコーキングすることにしました。

s180402e.jpg ちょっと写真が遠目で分かりづらいですが、板の継ぎ目の目地をコーキングしました。シーリングの打設作業はとても楽しいですね。充填不足にならないよう注意しながら、一応、押さえて押し込むことを意識しながら仕上げます。仕上がりは、お見せするようなレベルではないです…。るんるん
s180402f.jpg

s180402g.jpg 北〜東面など、まだ塗膜が残っている範囲が広く、そのままだと撥水性があるため、同じ水性塗料を塗る用に表面をサンドペーパー#120で荒らします。

s180402i.jpg 塗料は前回と同じで、和信化学工業の「ガードラックアクア」http://guardlac.jp/の、ブルー3.5kg+ブラック270mlによる紺色です。「ガードラックアクア」はモデルテェンジ中で、今後この組み合わせは入手できなくなるかも、とのことです。次回塗り直しはどうしますかね…。

s180402h.jpg 普通に刷毛で塗っていきます。今年は日当たり良く暖かくとても乾きが早いので、撥水性がすぐ現れてきてしまうので、1回塗りで仕上げていきます。元々1回塗りの塗料ですが、プロと違ってやや塗膜が薄くなってしまう部分ができたりで、それが塗膜寿命にやや影響してきます…。晴れ

s180402j.jpg この距離で見ると、とてもキレイになりイイ感じです。

s180402k.jpg 近づくと部分張り替えの部分は、凸凹があるので、やはりハッキリ分かります。素人作業なので、こんなもんだと思いますが、自分では満足です。家
s180402l.jpg

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 13:30| 風.光.素材の家_アイデア

2018年03月21日

【光と風と素材の家_メンテ】65_腐食した板張りの部分張り替えを自前で_その1


 年が明けた頃から、1階外壁の板張りを、少しずつ補修らしきことをしてました。1階の構造自体はRC造なので、板張りが傷んでも特に問題はないのですが、見ため的にあまり印象が良くないこともあってです。以下の部分的な張り替えを15ヶ所ほどやりまして、先週にやっと再塗装までこぎつけました。あせあせ(飛び散る汗)

 板張りが傷みやすい納まりなことは、建築当初から分かっていましたが、その原因は色々なようです。一つには、塗装しても杉なので、関東平野の外壁にはさすがに厳しかったです。さらに、写真に撮らなかったのですが、内装の壁張りのように、本実の縁甲板を接着と隠し釘で固定したため、伸縮の大きな外壁の板の動きに伴い隠し釘が抜けてきて、釘周辺の板を傷め、雨水が侵入しやすくなっていました。

s180321a.jpg 写真の大きく傷んだ部分は、板張り下の水切や地面からの雨水の跳ね上げを板が吸い上げ、腐食が進んだことによるようです。張ったこの板も腐食しやすい木の部分だったかもしれません。水切からは30mmほど逃げてますが、跳ね上げ対策には全然足りず、また木口の塗装処理も特にしていませんでした。水切りは、小さくて上に跳ね上げにくい形状がいいようです。さらに、下の地面が花壇の土のため、地面からの跳ね上げは土なども含み、腐食菌などを直に跳ね上げていたかもしれません。建物の直近は、メンテナンスも想定して、足場相当幅400mmくらいは花壇などの利用を避けたほうが良さそうです。

s180321b.jpg 素人では、縦張りの縁甲板を下から上まで1枚で交換するのは難しいので、傷んだ部分を横胴縁まで切り取り、そこだけ張り替えることにします。マルチツールとのみなどで切り取っていきます。胴縁の間に見えているのは、コンクリートを覆う断熱材のスタイロフォームです。たらーっ(汗)

s180321c.jpg 一方、こちらの下の切り欠いた部分は、上のサッシ側部の傷んだ箇所から板裏側に侵入した雨水で、中側から傷んでいました。サッシと板の取り合い部分にシーリングを打ってないので、サッシの側部を伝って雨水が下へ侵入し、水が溜まりやすい胴縁付近で腐食が進んだようです。シーリングの省略は、躯体に影響がないので、見た目を優先したためです。なので大工さんは、極力隙間ができないよう、ピッタリくっつくように納めてくれていましたが、さすがに板は収縮があります。下の部分とサッシ上の両方の傷んだ部分を張り替えます。

s180321d.jpg 胴縁や板の傷んだ部分や下端には、コーワの「白アリスーパーエアゾール」http://www.kowa-hitomebore.co.jp/ari/を吹き付けておきます。

s180321e.jpg ここの胴縁は腐食してしまっていたので、胴縁に代わる材を取り付けます。内側の雨水によって腐食したので、少しでも雨水が落ちて湿気が逃げやすいように、隙間を空けた形で取り付けます。

s180321f.jpg こちらは、ガラスブロックの枠から、やはり板の内側を雨水が伝って腐食が進んだようです。サッシと違い板金製作した枠のため、水を切るための勾配やディテールが無く、上枠の上に溜まった雨水が、ほんのわずかの左傾斜で左側面を伝い、側部から板の内側に侵入していたようです。こちらこそ、三方をシーリング打たなくてはいけなかったのですが、サッシと見た目を合わせるために省略してしまいました。

s180321g.jpg 縦に3つ並ぶガラスブロックそれぞれで、同じような腐食が進んでいたので、こういう形で切り欠きます。

s180321h.jpg こちらは、サッシ枠の上面に溜まった雨水を板が吸い上げ、腐食が進んでいました。大工さんが、サッシの勾配にピッタリ合わせて板を加工してくれているのですが、それでもさすがに厳しかったようです。上の胴縁まで切り欠くのは、板の状態を考えるともったいないので、短く欠いて裏打ち材でつなげる方法にします。雨

s180321i.jpg 張り替えには、同じ105mm幅のヒノキのフローリング材の端材をカットして利用します。加工の精度は出ないので、上端や下端などの隙間はシーリングを打つことを前提です。板の固定は、素人なので割り切って、ステンレスビスで正面から留めてしまいます。本実は、横に2枚以上の時はそのまま組んで押し込みますが、1枚の時はメス側の奥を切り落として取り付けています。シーリング打設までの間は、一応テープで養生しておきます。

s180321j.jpg ガラスブロックまわりは、1枚の板から加工するのが私では難しく、3分割して張り替えることにします。

s180321k.jpg 上でとりあげたその他の部分も、同じような部分張り替えの状態になります。

長くなってしまったので、続きは(→”66_腐食した板張りの部分張り替えを自前で_その2”)に分割します…。家

s180321l.jpg

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 16:56| 風.光.素材の家_アイデア

2018年02月10日

【光と風と素材の家_メンテ】64_スライドレール掃除と手すり塗布と網戸修理など


s180210a.jpg 正月休みあたりから、ちょこちょこ手入れ作業をしています。まずは、キッチン引出しのスライドレールの手入れです。キッチンはメーカー製品ではなく製作したもので、食器などを収納する引出しには、ソフトクローズ付のスライドレールを使っています(→”10_ヒノキ集成材のアイランド型オープンキッチン”)。その中で、使用頻度の高い引出しの動作が重くなり、ジャリジャリとベアリングの音が少しするようになっていました。使い始めてから9年間ほぼほったらかしで、スライドレールを最大まで引き出すこともあまりやっていませんでした。

s180210b.jpg スライドレールを見ると、ベアリングのグリースと埃がかなり付着しています。なのでまず、アルコール系のお掃除シートで拭き取りをします。8コの引出しで計16本のレールがあるのですが、半分を掃除した時点で、これだけ汚れが取れます。

s180210c.jpg そのあと、防錆潤滑剤として色々に使っている"WD-40"https://www.st-c.co.jp/st-trading/をレールに薄く塗ることで、引出しの動きと音は回復しました。スライドレールのベアリングには手を付けたくないので、ベアリングに影響しないよう、シリコンを含まない"WD-40"で、レール表面が滑るように薄く覆うようにします。スプレー噴射量は少量に抑え、それをペーパーで伸ばしていくような感じです。目

-----
s180210d.jpg 物干(ルーフバルコニー)の手すりは、アルミの既製品ではなく木製で作っています。木製だと、ねこたちも爪が掛かり、安心して手すりに上がることができます。しかし、木ゆえに一部腐食してしまい、3年前にヒノキで直しました(→”49_腐食してしまった軒柱とバルコニー手すりの交換”)。その後、ヒノキなのをいいことに無塗装でほっていましたが、手すりの木肌のカサカサ感がだいぶ強くなってきました。そこで、ウチで余ってる浸透オイル"デュブノ"を塗ってみました。

s180210e.jpg 塗装前に掃除をあまりしなかったので、黒っぽくなってしまいました。雨とともに落ちてくる空気中の汚れが、かなり蓄積していたようです。上面がフラットなため、徐々に収縮して中央が凹み、なおかつ割れが入ってくるという状態です。やはり、上面は少しでも山のようにして、水が流れるようにしておく方が良いようです。晴れ

-----
s180210f.jpg 縦すべり窓は、上下にスライドさせるタイプの網戸が付いています。この網戸は、左右のレールをバネの力で押すことで落ちないようになっているのですが、押しながらも上下のスライドで滑ることと両立しなければなりません。そこで、バネに滑る用の黒い樹脂パーツが取り付けられています。しかし、樹脂ゆえに徐々に劣化して、網戸を外す時の衝撃などで固定部分が割れてしまうことがあります。

s180210g.jpg この黒い樹脂パーツがないと、網戸を保持することができなくなり、滑る時にはバネとレールの金属同士が擦れる音がしてしまいます。といって、樹脂パーツだけの交換手配は難しいと思うので、とりあえずアクリル両面テープで貼り付けてみました。網戸は、春になるまではあまり開閉しないので、耐えられるかは春になってからの判断になりそうです。

-----
s180210h.jpg やまとさん(ねこ)が噛み切った、プリーツ網戸(→”プリーツ網戸の取付”)の、水平に通してあるヒモも修理しています。このヒモが無いと網戸が広がってしまい、ねこたちの行き来や風によって網戸の下が丸開きになり、網戸の意味がありません。

s180210i.jpg 元々のヒモを巻き込む機構は複雑なため、元通りに戻すことはできません。なので、ゴムヒモを買ってきてその伸縮で代用します。ゴムの伸縮はあまり長持ちしないと思いますが、何度でも直せるので、また噛み切られても対応できると割り切ります。モバQ

-----
s180210j.jpg おまけで、20年近く使っているダイニングのイスが、徐々にグラつくようになってきています。外れるわけではなく木ボンドまでは入らないので、ビスを打ち込んで引き寄せたりしています。ビスの見た目は、思ったほどは気になりません。いす

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 22:03| 風.光.素材の家_アイデア

2017年11月29日

【光と風と素材の家_メンテ】63_掃除しやすい小屋裏エアコンと雨具を乾かす方法


s171129b.jpg 1ヶ月ほど前のことですが、(→”56_小屋裏設置エアコンの故障・交換と清掃など”)で新しくなった小屋裏設置エアコンの初めての掃除をしました。10月は雨続きで、曇雨天時は小屋裏が暗く、照明を持って上がる気はないので、晴れの日まで延び延びにしていました。
 自動フィルタークリーニングが付いていますが、それでもシーズン終わりにはフィルターを外して掃除します。さらに、吹き出し口からファンや風道を掃除するのですが、今度の機種、三菱電機MSZ-JXV5616は、吹き出し口の上下フィンが外せ、左右方向のフィンを開くことができ、掃除しやすくてイイです。

s171129c.jpg 小屋レベルなので、下階からのホコリなどあまり上がってこないので、さほど汚れてはいませんでした。ただ、ダイニングキッチンの吹抜け上空でもあるので、多少油っぽい汚れが付きやすく、これらは自動フィルタークリーニングでは取れづらい汚れです。
 暖房運転せず冷房運転のみなので、エアコン内が湿気った状態になりやすく、カビなども付きやすくなります。そのため、冷房運転の最後はエアコンの乾かす運転をして、ファンや風道をお掃除シートなどで拭いて、来年の梅雨にまた使い始めるまで、なるべくキレイにしておきます。

s171129d.jpg 掃除後にフィルター類を取り付けた後、正しく取り付けられているかエアコンがセルフチェックします。その自動フィルタークリーニングの動作を見ていましたが、その動きはなかなか細やかでした。目

-----
s171129a.jpg こちらは、同じ雨がずっと続いてた頃の、ある日の1階土間の上空です。ルーバー状に木を組んだ天井を想定外の使い方をしていまして、3人分の傘やカッパを乾かすためルーバーに吊られて、にぎやかです。
 翌日も雨なのでまた使いたいのですが、屋外だと乾かないので、室内に入れて乾かします。ですが、土間に置いておくとねこたちが色々としてくれるので、上空利用になりました。空気清浄機で空気を回し、換気扇からなるべく湿気も逃し、気温が低い時は土間の床暖房も入れてとやると、実はよく乾きます。この見た目は、もう来客が無いことが前提になっていますが…。雨

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 21:24| 風.光.素材の家_アイデア