2021年05月30日

【色々とみて】148_学生さんが自分たちで作り続けているツリーハウス


f210529b.jpg
昨日は、学生さん方々が2年間ほど作り続けているという "ツリーハウス" を見に行ってました。小山市にある栃木朝鮮初中級学校で、図工・美術の授業の一環として制作が行われているツリーハウスです。実際に、学校内の遊び場にもなっています。埼玉の地元小学校で、小さな森にツリーハウスを作ってみたい、という方に誘っていただき一緒に行ってみました。

f210529e.jpg
実際にそのツリーハウスを見ると、いわゆる大人たちが考えるモノとは違い、自分たちで作っていってる感たっぷりで、とてもイイです。枝が横に広がった木の上には、五角錐?型のとんがったツリーハウスが載っています。

f210529c.jpg
そのハウスへ上がるために、段々状にデッキが作られていて、デッキは下にも潜れるようになっています。デッキの壁面には、たくさんの絵が描かれていて、とても楽しい雰囲気をつくっています。

f210529a.jpg
それだけでなく、全長3m近いスマートボール?(ラムネの玉を上から転がして遊ぶ)があったり、ブランコが吊り下げてあったり、もう1本の木との間には、吊り橋とハンモックが掛かっています。幅広い年齢の人が色々に遊べます。しかし、体重の大きな人の荷重には、どれだけ耐えられるかは「微妙」とのことで、そちらはちょっと制限ありです。我々も、ツリーハウスに上がらせていただく際も、ちょっと慎重に…でした。

f210529d.jpg
製作は、主に中級学年の学生さんが作業して、低学年の学生さんは絵を描くことなどで参加して、製作作業では、いわゆる電動工具を学生さんが使うことやロープワークなども、学習しながらなのだそうです。ツリーハウスは、広がった枝ぶりをうまく利用していて、床を支える大引は、ほぼ載せてるだけに近そうです。当然ながら、材固定の補強やロープワークは、専門の人も加わってフォローされています。"ツリーハウス" には「完成は無い」とのことで、これからも楽しく変化していくようです。

"トチギハッキョ・ツリーハウスプロジェクト"
https://www.facebook.com/totigitreehouse/

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 17:59| 色々と見て

2021年05月02日

【日曜大工仕事】38_木製玄関ドアのドアクローザー修理と調整


f210418.jpg
先月、知り合いの方が、ご自宅玄関ドアの、ドアクローザーが外れてしまったとのことで、ちょっと直しに行ってました。玄関は木製で、アーチ形状のガラスの欄間が付いてますが、年月を経て少し傷んできている感じでした。玄関ドアは、木製の枠に木製ドアを取り付けてあり、ドアクローザーは後付けされたようです。そのドアクローザーのアーム側の木枠への固定ビスが、開閉の繰り返しで緩み、気付かなかったため抜けてしまったようです。

ビス穴が広がってしまっているので、アームと固定金具を一旦外し、金具の取り付け位置をずらして、ビス固定をし直します。ずらしたことで本体とアームの位置関係が変わっているので、アーム長を調整して固定金具とつなぎます。ドアクローザーは、ドアを閉めた時に、写真左側のアームが、水平かつドアと並行になっていることが、正しく機能しているか判断の目安になります。

最後に、各部の緩んでいるビス類を締め込み、ドアの開閉速度を調整して完了です。玄関ドア全体の交換はそれなりの費用もかかるので、もうしばらくこの玄関ドアでも大丈夫そうです。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 17:23| 日曜大工仕事など

2021年04月09日

【光と風と素材の家_メンテ】77_CO2濃度の測定を、安価な測定器で試してみる


f210328c.jpg
CO2、ホルムアルデヒド、TVOCの各濃度と、温湿度を測定できる "Air Quality Detecor" です。最近の換気目安の参考になるかのお試しで、Amazonで吟味?して、ダメ元で送料込4,500円ほどで購入したモノです。今のところ、CO2に関しては目安には十分なレベルで機能してます。ホルムアルデヒドとTVOCは、まだよく分かりません。

そもそもCO2の濃度は、さほど正確に測定されるモノではなく、100ppmくらいは誤差の範囲で、数字にさほど意味があるとは思っていないです。概ね1,000ppmを超える状態が継続していると、その室内空気の状態はあまり良くないと、判断するくらいでしょうか。

f210328a.jpg
試しに先月、住人が3人+5ねこのウチで測定してみると、特に窓開けをしていなくても、どの時間どこでも450ppm(外気は410ppmほど)を超えないようです。室内の湿気排出を重視した設計なので、24時間排気とサッシ換気框と各部納まりなどから、スカスカなくらいのようです。その時の暖房は、床暖房のみです。

f210328b.jpg
この測定器に呼気を吹きかけると、1,500ppm近くまで上がるので、一応、機能しているのを確かめられます。本当は、石油ファンヒーターの影響も見たかったのですが、今年は片付けるのが早く間に合いませんでした。

f210328d.jpg
石鹸ほどの大きさしかないこの測定器ですが、はるばる10日ほどかけて、中国の深圳市から国際郵便 "ePacket"?でやってきました。発送元は運発送業者?なので、送り主が誰かはよく分かりません。でも、追跡有りなので、川崎東郵便局の通関を出るまで、送られてくるのは細かく見れてました。しかし、箱に「E15331W」と型番らしき表示はあるものの、本体には何の表示もありません。でも、5ヶ国語で書かれた取扱説明書には日本語も含まれます。色々気になるのですが、概ね役立ってるのでOKなんでしょうね…。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 21:07| 風.光.素材の家_アイデア

2021年03月11日

【色々とみて】147_「山内若菜展 はじまりのはじまり」圧倒される静かな情念


f210309a.jpg

f210309b.jpg
今週、「山内若菜展 はじまりのはじまり」を観に、東松山市の "原爆の図 丸木美術館" へ寄っていました。展示はとてもイイですし、作品が発している情念がとても凄いです。実作を観ることをおすすめします。会期は4/10(土)までです。

f210309c.jpg
ヒロシマを描かれた《刻の川−揺》、フクシマを描かれた《牧場−放》《海》《山》の4作品は、想像していたより遥かに大きく、遥かに描き込まれた作品でした。展示室の広さと壁の余白と相まって、静かに圧倒される感じです。

f210309d.jpg
大作以外の展示もありました。フクシマの牧場を描かれた《牧場》と《朝》は、静な情念な印象です。

f210309e.jpg
ヒロシマを描かれた小作は、額装もされているので、前向きに蘇っていくような思いに、思えたりです。目

"若菜絵ブログ"
http://wakanaeblog.seesaa.net/
原爆の図 丸木美術館
https://marukigallery.jp/

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 21:30| 色々と見て

2021年02月13日

【日曜大工仕事】37_壁面にリーフレットを面出ししてたくさん並べる


f201216a.jpg
少し前、北浦和の "マーブルテラス" さんで、リーフレット棚の取付作業をしてました。店内の壁に、リーフレットを面出ししてたくさん並べられるようにしたい、とのことで、色々検討した結果、クリアの壁掛けケースをズラっと並べることになりました。写真では4段ですが、現場で5段に追加になり、最大35枠が並ぶリーフレットケースはなかなか壮観です。

f201216b.jpg
採用したケースはポリスチレン製で、無理な負荷が加わると割れてしまうため、ガッチリとは固定しないようにします。なので、このケースの形状(付加機能のために背面に凹凸がある)と引っ掛け穴があるのを利用して、ダルマ鋲×2にケースを引っ掛けるだけにしました。ダルマ鋲とすることで少し壁から浮き、背面の凹凸が壁に当たらなくなります。ケースの最下部だけが壁に接触するので、そこにクッションテープを貼り、壁の塗装を傷めないようにします。

f201216c.jpg
ダルマ鋲は、石膏ボード下地の合板まで刺さるよう、針長20mmのものを使っています。ケースは引っ掛けてあるだけなので、場所の入れ替えや、外して別な物を壁に掲示することも簡単です。取付作業としては、70本のダルマ鋲を刺すので、作業効率と精度を高めるため、写真のような板と画鋲による治具を作って、水平器と組み合わせて作業しました。下地合板に鋲を刺し込むのも手だけでは大変なので、1mmドリルで下穴を開けてからグリグリ差し込んでいきましたが、それでも指は痛くなりましたね…。家

"マーブルテラス"_クッキープロジェクト
https://www.cookiesproject.com/

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 14:16| 日曜大工仕事など

2021年01月19日

【日曜大工仕事】36_テナントスペースの換気の推計とその判断


f201204a.jpg
先月、何ヶ所かの換気量の計算をする機会がありました。いずれもテナントスペースで機械換気設備があるので、給気状況のチェックと合わせて、その換気量をP-Q線図などから推計し、厚労省の通達に基づき、人数制限や自然換気(窓開け等)の要不要を判断します。夏前にも話題になりましたが、暑さよりも寒さの方が、居室環境としては厳しいですよね…。

f201204b.jpg
概ね、機械換気で、ビル管法の基準、必要換気量一人あたり毎時30m3(元は、室内CO2許容濃度0.1%の基準)を満たすようにして、不足する場合は、自然換気(窓開け等)の併用や、在室人数の制限を行うようにする…のだと思います。要は、ビル管法の適用を受ける特定建築物(必要な設備があり、かつ、適正に維持管理されている)では窓開け等は不要で、それ以外の建築物でも同じ水準を満たすように、利用者数に合わせた換気を確保するように、ということかと思います。

この基準は、"SARS-CoV-2" 対策と思うと、当該室内へのウィルスの入り込み方など、引っかかる点もありますが、そもそもの "室内CO2許容濃度" と思うと、人が集まったり活動する室内空間では、実はほとんど満たされてる(ハズの?)レベルの必要換気量なのですよね。ビル

「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法_厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 16:52| 日曜大工仕事など

2021年01月01日

【お知らせ】2021年も、よろしくお願いいたします。


nenga2021v3.jpg

もう そろそろ、おもいっきり、うた うし かないですね!

 声に出してみたり、心の中でだったり、
 つながる誰かと一緒に、あるいは一人であっても。
 気持ちイイ、カッコイイ、そんな曲を口ずさんでいると、
 自然体な自分に揺り戻され、共振して歌いたくなります。

 歌詞から広がる世界観、メロディに誘われる躍動感、
 様々な楽器がその躍動を盛り上げて、さらにミックスで高揚します。
 楽曲の響きの波には、絶対的な何かがありますよね。
 大好きな歌をリピートしつつ、また次の時代に身を置きますかね。るんるん

 今年もよろしくお願いします。
 2021年1月。

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 16:22| お知らせ

2020年12月20日

【建物進行中など】46_小さい子に配慮した透明PET板パーティション (衝立) の製作


f201101.jpg
先月ですが、COVID-19対策の一つとして、透明PET板によるパーティション(衝立)を製作してました。およそのサイズは、W950mm×D500mm(脚部分)×H990mmです。透明PET板(写真は、一部ピンク色の保護フィルム付のまま)900mm×900mm 厚3mmを、多少ベコベコしますが分割枠を入れず、1スクリーンとした衝立としています。

使われる場所の特性から、ハイハイの赤ちゃんでも向こうが見えるよう、枠の下端は低くし、でも手などを入れないよう枠下の隙間は無くしています。EVAマットなど柔らかい床の上に置かれる想定で、接地面積を大きくしたべた足の設計です。塗装も、100%荏胡麻油から作られたオイル塗装で仕上げています。

s201220a.jpg
脚は2×4材をH型に組んでいます。その上に、ヒノキ(節有の汎用材)の枠材を組みます。加工性と強度を高めるため、縦枠を脚の外側で挟むような納めにしています。

s201220b.jpg s201220c.jpg
技量上から難しい嵌合は避け、ビス・ダボ・接着併用でビス頭は見える納まりとして、枠の四隅には歪み止めを入れてます。押縁は反りをなるべく避けたいので、ヒノキの無節材です。PET板のため、破損して交換することはほぼ無いと思いますが、木材もPET板もそれぞれ伸縮があるので、ガッチリは固定せず、クッション材を奥に敷いて押縁で挟むだけにしています。

納品で、ウチのフリードスパイクに積み込もうとしたら、リアゲートの開口高さ(1,000mm?)に超ギリギリでセーフ…でした。目

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 17:52| 建物進行中など

2020年12月06日

【日曜大工仕事】35_水栓の切替部品とカートリッジの交換とメンテ


f201127a.jpg
今秋はちょこちょこやってる水栓関係の作業です。浴室のシャワー混合栓の、シャワーとパイプの切り替えができなくなったようで、切替部品の交換をしてました。外してみると、その切替部品が、中でバラバラになってました。写真は、交換部品が来るまで、古い切替部品も暫定的に再度組み直した状態です。バラバラになった部品を取り出すため、水栓本体はシャワーもパイプも外した状態です。

f201127b.jpg
新品の部品と並べてみると、右の古い方は、先の留め具の引っ掛かり部分が、長年の強い回転摩擦ですり減って外れてしまったようです。水栓も古くからあるタイプなので、メインの想定はパイプ側で、今どき主に使うシャワー側にすると、この切替部品に負荷がかかる設計のようです。

加えて、かなりの力で目一杯まで回されていたようです。パッキンタイプの水栓のハンドル類は、軽い力でスウーッと操作するイメージがいいです。ギュウギュウするほどゴムパッキンが変形して傷むので、水が漏れやすくなりますので…。

- - - - - - - - - -
f201127c.jpg
自宅トイレの、立水栓のカートリッジ(流量調整部品)交換もしてました。狭く作業性が悪い場所なので、今回はプラグレンチを導入して、交換が楽になりました。

こちらは、通常のパッキンでなく、カートリッジ式を試す目的で付けてみた、SANEIの「ミニセラ」です。しかし、11.5年で2回目の交換となりました…。

取付けのOリング部でなく、ハンドルの回転軸部から水漏れするので、弱点なのか…水栓との相性が悪いか…のようです。立水栓はパイプを100mm延長しており、吐水口の高さが、ハンドル部よりかなり高くなっているのが、多少なりとも影響ありそうです。水栓は、なるべく単純な構造のモノがいいですね…。

SANEI
https://www.sanei.ltd/

- - - - - - - - - -
f201112c.jpg f201112a.jpg
さらに、キッチン水栓のシャワーが、口の脇の方からも吹き出して、周りが濡れてしまうことがありました。シャワーが少し目詰まりしたようです。シャワー口を外して、穴を爪楊枝で突ついて、ついでにキレイに掃除して、スムーズなシャワーの流れが復活です。シャワー内のパーツの、2種類のシャワーをつくる穴の形状のノウハウが、とても面白いです。家

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ
https://kurade.net/

posted by ki at 16:18| 日曜大工仕事など

2020年11月06日

【光と風と素材の家_メンテ】76_ビルトイン食洗機の配管修理と給水弁交換


f201008a.jpg
先月また、食器洗い乾燥機の自前修理してました。前回は、2年ほど前 ですね。趣味ネタとしてアップしてますので、食洗機の修理は、自己修理せずメーカー等へ依頼してください。給排水や配線など色々つながっていて、固定もされてますので。

f201008b.jpg
ビルトインの食洗機、パナソニックNP-P60V1PKPKは、毎日使用して11.5年経過してるので、通常の機器寿命は過ぎていると思います。先月、"庫内排水エラー" と、給水が止まらなくなるのが、ほぼ同時に起こりました。なので、食洗機を引き出して、後パネルを開け原因を探ります。

s201106a.jpg
"排水エラー" の方は、ゴム配管の劣化でジワ漏れしていたようです。白い配管の下にあるL型のゴム配管が、その白い配管との干渉で、ゴム劣化が進んでしまったようです。上側の白い配管は、2年前にシリコンチューブに自前交換した配管で、2年経過した感じではまだ大丈夫そうです。

f201008c.jpg
今回は、その時の残りのシリコンチューブを使って、下側を交換してます。2本ある白い配管の下側が、今回交換した配管です。ちょっと折れ気味ですが、閉塞することはなく、シリコンの耐久性があれば大丈夫と思います。

f201008d.jpg
給水が止まらない方は、運転してない時でも、庫内の水位が、残菜フィルターの上までジワジワ上がってきてました。

s201106b.jpg
これは、給水弁の劣化不具合なので、写真の給水弁を手配しました。まだ、3,000円ほどで入手可能でしたが、その給水パッキンの一部は仕様変更になっていて?、ウチのタイプはもう無く、既存のものの再利用になりました…。なので、このパッキンがダメになったら引退です。

f201008e.jpg
給水弁は、水道からの給水ホースと庫内給水管の間に入っているだけです。本体から外し固定具からも取り外して交換し、配管接続と配線をやり直して、元の通り取り付ければ完了です。作業後の、試運転と標準運転1回は問題なく運転され、給水もちゃんと止まりました。1ヶ月ほど経過しても問題なく、これであとどれくらい延命できますかね…。

くらしデザインスタジオ@考(^^;)トップへ

posted by ki at 12:28| 風.光.素材の家_アイデア